那須野の旅人

旅の行く手にはどんな世界が待っているのでしょうか・・・

牡丹の園・・・・・町ぐるみの育成(福島須賀川市)


須賀川牡丹園の昔と今
1776年須賀川で薬種商を営んでいた伊藤祐倫が牡丹の根を薬用にするため摂津(今の兵庫県)
から持ち帰って栽培をしたのが始まりで、その後柳沼源太郎が引き継ぎ、 熱心な植栽によって
年々種類、 株数を増やし、 薬用目的から鑑賞用へと移行し、明治になるとほぼ現在並の規模に
発展したという。住所は福島県須賀川市牡丹園80-1で牡丹園自体が地名になっている。


町ぐるみでの取り組みが高く評価され昭和7年には国の名勝地に指定されている。  現在では
290種7000株の牡丹園となっている。 この数字を見ただけではさほどの規模には思えないかも
しれないが牡丹は成熟すると大株になり場所を取るので他の小さな花の株数とは比較できない



牡丹姫の像


<<<
                         BGMは Wind veil


須賀川牡丹園にて
下の小画像をクリックすると別窓が開き拡大画像が出ます
(大画面なので反応が遅い場合は再度クリック)
窓はプラウザの×で閉じてください

< < < < <



290種7000株の牡丹に全て品種名が掲示されているのは管理が行き届いている証しだと思います。
それに敬意を表し幾つか抜粋したスライドショーにも品種名を記しました。ただ漠然と花のみを載せる
のでしたら色違いの4,5枚で記事は終わってしまうでしょう。改良種は写真では判別できないほどの
微妙な色合いや花姿によって形取られています。
下の小画像10枚にマウスオンです <
<
乙女の舞
< < < < < < < < < <



広大な牡丹園のほんの一角を歩きながら撮りました。
字幕の揺れは歩行時の身体の動きに伴うカメラブレです



咲き残った我が家の牡丹と今回購入してきた一株
既に咲き終わった白色の牡丹もありました

我が家の牡丹


今回購入してきた牡丹 「黒鳥」 4輪咲き
この黒鳥は勿論黒色系牡丹に改良された品種だが、 黒と言っても
一見して赤紫の濃いものであり75%程度が黒への改良限界だという

購入した黒鳥


深みのある赤紫(黒への75%改良)になっていると思う

黒鳥1


開きかけの黒鳥



  1. 2014/05/15(木) 22:35:26|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4
<<烏ヶ森(からすがもり)と那須野が原公園 | ホーム | 白河フラワーワールドの5月>>

コメント

須賀川の牡丹園

今回は時を同じくして牡丹の登場ですね
須賀川の牡丹園、丁度いい時期に行かれたようですね
私はちょっと手遅れた感じでしたが~

最初は牡丹の根を薬用にするために兵庫県から持ち帰られて栽培を始められたとか、~牡丹の根っこも薬用になるんですね
芍薬だけかと思っていましたら、牡丹までもが~そういえばトリカブトだって
薬用になるんですものね

美しい画面いっぱいの牡丹を見せて頂き、、そしてまた、今回も牡丹の苗を求めて帰られたとのこと、お庭は今に沢山のお花でいっぱいになることでしょう
私はもう、苗を増やすことはできません。
限られたスペースになんとか育っている花たち、見殺しにはできないので大きなものは植えないようにしています

動画で全体像を見せて頂きましたが、茅葺の屋根とのコラボも素敵ですし、第一人が少なくて写真も撮り放題って感じですね
私は行く先々は、どこも人がいっぱいでなかなか撮れません

きっと今頃先日の茨城フラワーパークでは牡丹が満開かもしれないなと思いつつまだ行く気にはなれませんし、いろいろと忙しいです

素晴らしい牡丹園を有難うございました
  1. 2014/05/18(日) 14:14:40 |
  2. URL |
  3. 花ぐるま #-
  4. [ 編集 ]

花ぐるまさん

あまりお好きではないという牡丹だらけの記事へコメントありがとうございます。
ご存知かと思いますが芍薬と牡丹は一身同体のような間柄で
牡丹は樹木で芍薬は草本でありながら芍薬の根に樹木を接いで普及したのが牡丹です。
共に美しい花で兄弟姉妹のようなDNAを有していますので甲乙は付けがたいと思います。
須賀川牡丹園に芍薬は僅かしかありませんし訪ねた頃はまだ蕾ばかりでした。

何故か新しいビデオカメラを買ったのに2回とも持って行くのを忘れてしまいました。
画素も多いビデオカメラだったらもっときれいに撮れた筈なのにと残念でした。

この日はまだ須賀川では牡丹が7分咲で、まだまだ蕾が多い時季でした。今は芍薬が咲いていると思います。

  1. 2014/05/18(日) 18:15:46 |
  2. URL |
  3. 松ぼっくり #-
  4. [ 編集 ]

ご無沙汰しました

こんばんわ~
京都への引っ越しも何とか終えることが出来ました。
またマイペースでブログを再開しましたのでよろしくお願いいたします。

須賀川牡丹園のことよくわかりました。
今は観賞用になってる牡丹ですが漢方薬も見直されていますから、薬用としても脚光を浴びる日がやってくると思います。
それにしましても290種7000株、それも全て名札付きとは凄いですね。
その手入れの良さと広大さは動画でよくわかりました。
豪華な牡丹、どれも甲乙つけがたいですね~!
玉兎、明石潟などの白っぽい花に心惹かれました。

松ぼっくりさん宅のボタンの立派さに驚きました~!
牡丹は肥料食いと言われてますから、相当なお手入れを
なさっておられるのでしょうね。
今回購入されました、「黒鳥」深みのある赤紫と黄色のしべのコントラストが
とても好きですよ。
突然変異まで楽しめるなんて羨ましいです~。

ありがとうございました。




  1. 2014/05/18(日) 22:41:25 |
  2. URL |
  3. magamik #-
  4. [ 編集 ]

magamikさん

お久し振りです。1ヶ月更新がないとFC2ではスポンサーサイトが表示されるので
まだ更新がないのかなと心待ちにしていました。良かったです。

まだふらつきが完全ではないのですが、あまりの快適な季節に誘われて
2時間弱のドライブで福島まで出かけました。
須賀川は震災ではかなり被害があったのですが、現在はその爪痕はどこにも見られません。

炸薬の根に接ぎ木して作られた牡丹ですから、当然薬用になるのだと思います。
花が終わってからの根っこを用いたのだと思いますが、多分咲いている時の
根の方が成分は強いのではないかと思います。美しい花を犠牲にするのは
勿体ない気もしますが、広大な敷地なので薬用専門の床があるのでしょう。

牡丹は冬を越すのが難しいので、その手入れは家内のほうが上手いので
任せました。冬場は藁ボッチを作り保温をしていました。
「黒鳥」は名前のように黒ではなく黒系といったところで、濃い赤紫でした。
75%黒に近ずけた深みのある色は買って来てよかったと思わせます。

赤に白が混じった[島錦]という突然変異種は昨年購入したものですが
なかなか味のある花だと思います。
コメントありがとうございました。
  1. 2014/05/19(月) 14:43:39 |
  2. URL |
  3. 松ぼっくり #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nasunisibori.blog.fc2.com/tb.php/97-92fa584c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

松ぼっくり

Author:松ぼっくり
旅、映画、カメラ、読書が趣味
ソースは「Sakuraの勉強室」からお借りしています

旬の花時計 V2

アシタカさんの作品です

最新記事

最新コメント

リンク

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QR