那須野の旅人

旅の行く手にはどんな世界が待っているのでしょうか・・・

白河フラワーワールドの5月



G.Wの最中でしたがあまりの好天に誘われてチューリップが満開の白河フラワーワールドへと
出かけました。R4は混雑するので芦野からR294を利用しました。 路は閑散としていて快適な
ドライブで1時間弱で到着、数十種10万本のチューリップの絨毯模様が出迎えてくれました


白河H.Wの特徴は種類ごとの表示が丁寧で分かり易い点です。一番多かったのはDH系で
(ダーウィン・ハイブリット系)の一重の中咲きチューリップでした。 写真はこの系統10種類を
メインに八重遅咲きのDL(ダブル・レート系)やFR(花弁の縁がギザギザ)などを載せました


白河H.Wの5月

薫風晴天H.W


D H 系 10 枚  (マウスオンで20枚です)
下のサムネイルは10枚ですがすべて2枚ずつのアニメになっています <
<
10フレーム全てをアニメにするのは手間がかかり初の試みです
< < < < < < < < < <


D L 系 (ダブルレート系チューリップ)画像クリックで 3 枚です(ワンクリック2枚、系6枚)
八重のチューリップは花だけを見るとバラに似ている


<<


F R 系 (フリンジ咲きで花の縁にギザギザがある) 2枚

FR系


T 系 (トライアンフ系で特殊な色合いが多い) 2枚

T系


展望櫓からの眺めを動画に撮りました
ビデオカメラを忘れてしまいコンデジを使用しました





◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆


フラワーワールドの隣りに南湖公園がある。白河藩主で江戸幕府でも名君として知られた松平定信が
設計造園したもので、池を中心にした格式ある庭園が広がっている   (自動スライド5画像)


南湖公園の畔



  1. 2014/05/08(木) 00:54:07|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2
<<牡丹の園・・・・・町ぐるみの育成(福島須賀川市) | ホーム | 新緑の森と乃木別邸>>

コメント

白河フラワーワールド

こんにちは
3日ほど奈良県に出かけていましたので失礼しました
白河フラワーワールドはこの時期にはチューリップが素晴らしいですね
私としてはフリンジ系のチューリップが一番のお気に入りです

薔薇咲きのものもあり、チューリップも最近は随分花の種類が増えたように思います
そんな中でも目立とうと一生懸命咲いている健気な姿、
黒いようなチューリップも遠目で見るより近場で見るとシックでとてもいい色ですね
こうしてお花を愛でる習慣がある平和な日本はなんて素晴らしい国だろうかと思います

今なお戦禍の中のシリアやウクライナなど気の毒だなあ~民族がいろいろまじりあって、宗教も違っていると大変だなあって思います
日本は何でもOKと許されているところがまたいいですね

動画で上の方から見せて頂くと全体の様子もよく分かります
随分広い敷地のようですね

南湖公園は松平定信が設計造園されたという…静かな雰囲気が漂ってきます
4号を避けて空いた道を探してのパーク入り、私などもう夫もあまり遠出に車を使いたくないので最近はツアーで行くことが多くなりました

松ぼっくりさんのようにどこでも車で行かれるのが羨ましいです
北海道だけは車を使いますが~その他のところは矢張り使いたくないです

  1. 2014/05/11(日) 14:15:15 |
  2. URL |
  3. 花ぐるま #-
  4. [ 編集 ]

花ぐるまさん

奈良の5月は如何でしたか?きっと素晴らしい風景や花々に彩られていたのでしょうね。

日々熱心な園芸家によって改良種が増え続けているのはチューリップも同じで
オランダなどからの輸入も年々盛んになっているようです。
あまり品種に興味を示さない方もありますが、ボクはただ漠然と数多チューリップを眺めるよりも
優雅な名前を付けた人たちの気持ちを考えながら、ひたすら撮り続けるのが好きなんです。
先日行った須賀川の牡丹園の品種名は、これまた純和風の優雅さで、それを見るだけで楽しいものです。

今回の動画はあまり映像が綺麗ではないのですが、ご覧くださってありがとうございます。
南湖公園と地続きなので展望櫓から撮ると一際広大に感じますが白河H.Wは
同じ経営の那須に比べて遙かに小さな規模です。規模が大きいければ良いという事もありませんが。

南湖公園は過去数回記事にしているので今回は挿入的にアップしました。

日本人の宗教観は他神多仏で一部の新興宗教のみが己の独尊を主張しているだけで
日本においては宗教戦争などは到底起こらないでしょう。
  1. 2014/05/11(日) 20:44:31 |
  2. URL |
  3. 松ぼっくり #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nasunisibori.blog.fc2.com/tb.php/96-74f64902
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

松ぼっくり

Author:松ぼっくり
旅、映画、カメラ、読書が趣味
ソースは「Sakuraの勉強室」からお借りしています

旬の花時計 V2

アシタカさんの作品です

最新記事

最新コメント

リンク

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QR