那須野の旅人

旅の行く手にはどんな世界が待っているのでしょうか・・・

那須岳と残雪の赤松林




南岸低気圧のいたずらで関東南部はかなりの積雪だった。 北部も30センチ前後だったが
南部よりも少ない感じ。ここの処の晴天で日陰以外は雪も解けているが朝夕の冷え込みで
解け切れない雪と融水が凍結しているので、油断するとこういう状態が一番危険だ



我が家付近の牧草地から撮影 (積んであるのは牧草ロールベリー)
那須岳の冠雪はさほどでもないが左奥の会津 三倉・大倉は白銀の雪化粧


那須岳と三倉・大倉
                                                             10年前の古いコンデジで撮る

残雪の赤松林
下の画像クリックで 3 枚切り替え
<<



  1. 2014/02/12(水) 13:16:12|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<冬の疎水と森のせせらぎ | ホーム | 里山の沼に息う・・・羽田沼(はんだぬま)の白鳥>>

コメント

那須岳が!!

こんにちは~
投稿していただいてありがとうございます
何時もまだかなあ~なんて待ち続けていたからです

ご自宅からの那須岳の眺望、いいですね~わが家から全く山は見えませんから
何年前だったか那須三山を縦走したときのこと、三斗小屋へ泊ったのでした
あそこは今の皇太子さまだったかな?が泊まられたとの写真が出ていました
懐かしいです
もう那須三山へは登れないかもしれないです
私は昨年の8月に秋田駒ヶ岳へ登って以来、山に登ってませんが、4月ごろからぼつぼつと始めようかな~と今から思っています
でも今までの様にちょっと中級以上の山は無理かもしれないのでそのあたりは注意しないとと思っています
普通の旅行はなんだかつまらなくてやはり歩きたいので、いろいろハイキングの本などを見ながら楽しんでいます

松ぼっくり様もだいぶ回復されたとのことで安心いたしました。
手前の牧草ロールがすごいですね~
これを食べるだけの牛さんがいるっていうことですから~

そしてアカマツ林、もしかして松茸でも採れるといいなあ~なんて夢の話ですが。このあたりは鳥さんもきっと沢山遊びにやって来るところなんでしょう

積雪量は私のところの方がはるかに多く、まだ先日の雪が残っていて滑りはしませんが、なかなか溶けないでいます
気温がそれほど低くならないので凍っていないのですが~
そしてまた、金、土曜日には南岸低気圧とやらが発達して雪になるそうですが~今年くらい雪の恐怖を知ったのは初めてです

松ぼっくりさまもこれから徐々に外出の機会を持たれてまた素敵なところへ案内してくださいね
  1. 2014/02/12(水) 14:25:36 |
  2. URL |
  3. 花ぐるま #-
  4. [ 編集 ]

那須岳

こんばんわ~
今回の雪は都心で25㎝と大変でしたよね。
横浜の我が息子宅は30㎝の積雪だったそうです。
雪かきなどしたことのない息子、張り切ってしたのでしょうね。
翌日腰がバリバリになってしまったと言ってました。

冠雪の那須岳と奥の山々、そして手前の牧草ロールベリー、まるで雪だるまが並んでるように見えます。
ほんとに美しい景色であり、画像ですね。

残雪の赤松林、見事です、このようにたくさんの赤松をみることはないですね。
秋にはマッタケが生えるのかしら??
今いろんなキノコが人工的に栽培できるようになりましたが、マッタケだけは
できないそうです。

まだまだ寒い日が続きそうです。
新しい楽しみも見つけられたようですが、くれぐれもご自愛くださいね。
  1. 2014/02/12(水) 20:49:39 |
  2. URL |
  3. magamik #-
  4. [ 編集 ]

花ぐるまさんへ

ご丁寧なコメントありがとうございます。今年の千葉はどうなってしまったのでしょうね。
よく雪が降ります。報道以上に花ぐるまさんのブログを見て驚きでした。

今回は簡単な記事なのに長いコメントをいただき恐縮です。
乾燥した空気のせいで体調が思わしくなく、近場の撮影となりました。

那須岳は子供の頃から北の彼方にいつも噴煙をたなびかせて雄々しく聳えていて
学校の帰りなど、山を見ながら自転車を走らせる足にも元気が出たものでした。
千葉は前にも述べましたが全国で最も山の少ない県ですね。
山好きの花ぐるまさんがご主人の仕事の関係とはいえ、そうした場所に移られたのも
何かお縁でしょう。山への憧憬が一層強くなるようにできているのだと思います。
体調が完全に回復されたら、中級でも十分素晴らしい山があると思いますので
以前のように楽しんでください。山と花は不思議に一体なんですね。

三斗小屋に以前お泊りになったとの事、個性的な温泉でしたでしょう。あの辺は
自然の宝庫で、幻の滝の発見もあり、沼ッ原もごく近いし、良い処です。又、お出かけ下さい。
  1. 2014/02/13(木) 19:52:14 |
  2. URL |
  3. 松ぼっくり #-
  4. [ 編集 ]

magamikさんへ

いつもコメントありがとうございます。高槻の方はそんなに雪は多くはないのでしょうか。

今年は今までのところ昨年ほどの降雪はありませんが、例年これからがよく降るので
どうなるか全く分かりません。ただ、やたら乾燥するよりはもう少し降って欲しい気もします。

自宅周辺には酪農を営む農家がかなりあり、一見環境が良いようでも、良し悪しで
風の向きによっては例の匂いをもろに被ることがあり、慣れたとはいえ辟易する事もあります。
乾燥させた牧草を一冬保存するため、ロールべリーにして積んであります。
何故白いフィルムを使用するのか分かりませんが、遠くから見ると光線の関係では
まるで雪をかき集めてあるようにも見えます。場所によっては景観を害しています。

那須岳はご覧のような冠雪状態ですが、いつもの年よりちょっと少なめです。
左手の会津三倉・大倉は年末から3月いっぱいあのように真っ白な山肌で
いつも北西方角の彼方に輝いています。家内は登ったことがありますが
ボクは何年か前近くの渓流に釣りに行きましたが、素晴らしい場所です。
  1. 2014/02/13(木) 20:16:45 |
  2. URL |
  3. 松ぼっくり #-
  4. [ 編集 ]

体調はいかかですか?暖かくして、ゆったりとお過ごしくださいね。
栃木は南北に結構距離があるせいか、同県内でありながら凄まじい温度差がありますね。とちぎテレビのデータ放送の天気情報をいつも見ていますが、北限と南限では7~8度も差があったりして。。雪も降りますねぇ、今年は。かと思えばうそだったみたいに晴れたりするので、軒先など、上方からの雪の落下にも気をつけてくださいね。体にはしんどい気候がまだまだ続きますが、春をじっと待つ草花のように、今はじっとがまんしているのもいい時なのかもしれませんね。
  1. 2014/02/14(金) 22:56:47 |
  2. URL |
  3. ゆみぞう #-
  4. [ 編集 ]

ゆみぞうさんへ

コメントありがとう。晴天続きだった頃は早く雪や雨が欲しいと思っていましたが
人間は勝手なもので、こうも度々降られると嫌気がしてくるものです。
こちらは今日A.M11:00から停電し、やっとP.M8:30分に復旧しました。
改めて電気がないと何もできない現実を思い知らされました。
夜に入っても真っ暗で、暖房もできず、炬燵に湯たんぽを入れたりして
寒さを凌ぎ、夕食は懐中電灯の明かりで作ったりとなんと不便なものでした。
栃木県でも那須塩原市が最高の被害で、ほぼ全域で停電との事でした。
宇都宮も若干の停電があったとの報道ですが、そちらの地域は如何でしたか?

こちらは50cmでした。茶臼岳はこの記事の時よりは冠雪が多いと思います。
那須町など85㎝も積もったそうです。記録的な大雪でしたね。
この寒さで葬儀も2件、実家の前の家と、千葉の親戚のフクちゃんです。
20日が告別式なので行かねばなりません。
  1. 2014/02/15(土) 22:56:30 |
  2. URL |
  3. 松ぼっくり #-
  4. [ 編集 ]

停電、大変でしたね! 東電の世話にはなりたくなくても、電気なしでは生きていけない現実。。こちらは停電はありませんでしたが、積雪は、宇都宮・那須とも、気象台観測史上記録更新の積雪だったとか。前の雪が融けきらないところへですから、辟易としてしまいますね。
こちらの親戚も、先週今週と、ちょうど大雪当日に仏事が重なりましたが、到底行けない状況ですから、書留で弔慰金を送ったようです。

ご家族皆様、ご自愛くださいませ。
  1. 2014/02/16(日) 22:19:22 |
  2. URL |
  3. ゆみぞう #-
  4. [ 編集 ]

ゆみぞうさんへ

再コメントありがとう。
寒さは脳の障害も多く起しますね。今年の冬はかなり増えているのではないでしょうか。
雪は降っている最中より、その後が始末悪いです。北部は日中と夜の寒暖差が激しく
夕刻からは融水が凍結しスリップ事故の大半がそうらしいです。こういう日には
やむを得ないとき以外は車は使わないに越したことはありませんね。

そちらも健康には十分留意の上、早朝や夜の運転には気をつけてください。
  1. 2014/02/17(月) 18:13:57 |
  2. URL |
  3. 松ぼっくり #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nasunisibori.blog.fc2.com/tb.php/83-199706bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

松ぼっくり

Author:松ぼっくり
旅、映画、カメラ、読書が趣味
ソースは「Sakuraの勉強室」からお借りしています

旬の花時計 V2

アシタカさんの作品です

最新記事

最新コメント

リンク

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QR