那須野の旅人

旅の行く手にはどんな世界が待っているのでしょうか・・・

透明魚の世界



那須地方でも自宅がある平野部では、もう2ヶ月近く雨も雪も降らない。関東の南部では降っているのに
北部のからっ風が強いこの地域で降雨がないと空気の乾燥が著しく、冷たさと相まって辛い毎日となる。
そんな中、お馴染み「なかがわ水遊園」で透明魚の展示が開催中というので 久しぶりに遠出をした。
館内は適度に湿度が保たれていて、数時間を快適に過ごすことができた


冬のなかがわ水遊園


透明魚とは詳しくは後述するが、ある種の薬品等を使い魚の筋肉部を透明に加工し
骨格に染色を施してアクリル標本容器の中で美しく仕上げる一種の芸術品である


案内

クリスタル尖塔

透明魚標本展示の一部

標本1

標本2

標本3

標本4

標本5



                      透明魚標本のできるまで
① 標本の水洗い
標本の表面やエラなどについた粘液を水道水でよく洗う。腹の部分を少し切って、内臓を出す。
② ホルマリン固定
10倍希釈ホルマリン液(ホルマリン原液を水で10倍に薄める)に3日ほど標本を入れる。ホルマリンは有毒なので手袋で
蒸気を吸い込まないようにし、素早く容器の蓋を確実に閉じる。ホルマリンの働きは標本の腐食を防ぎ変形しないように
することが目的です。その後皮を剥ぐ。
③ 軟骨の染色
水を交換しながら1日水に入れておく。魚の皮を剥いで(丁寧によく剥ぐのがポイント)、軟骨染色液に1日入れる。
軟骨染色液は、95%エタノール80ml、氷酢酸20ml、アルシャンブルー10mgを混ぜる。軟骨染色液から取出し後95%、
50%、20%のエタノールにそれぞれ2~3時間ずつ入れて、余分な色素を取り除き最後は水に1日入れておく。
④ 標本の透明化
標本の筋肉部分を蛋白質分解酵素のトリプシンで透明化する。トリプシン液は飽和ホウ酸ナトリウム液30ml、 蒸留水
70ml,トリプシン結晶1gの割合で作る。標本を入れてフタをし、温度を30~35度に保ち半透明になるまで待つ。2週間位
かかるが、時々透明化の具合を見て確かめる。脊椎骨が見えて、軟骨が青く見えるようになっている。
その後トリプシン処理を行う。 処理後(脊椎骨が見える)
⑤ 硬骨の染色
(アリザリンレッドS染色原液)1%抱水クロラール溶液120mlにアリザリンレッド若干を溶かしグリセリン20ml、氷酢酸10ml
を加える。次に2%水酸化カリウムに青紫になるまで原液を加え、蒸留水中に標本を入れ脊椎骨が赤くなるまで染める。
数時間から一昼夜で、時々染まり具合を確かめる。アリザリンレッドS染色液に入れる 。これで染色の終了
⑥ グリセリン処理
0.5%水酸化カリウム液とグリセリンの混合液に入れる。水酸化カリウムにより透明化がさらに進む。
最初は3:1、次に1:1、さらに1:3の比率で、2~3日ずつ入れ最後に純粋なグリセリンに入れ防腐剤にチモールを入れる。
チモールはグリセリン100mlに対し25mg加える。グリセリンは通常、薬局で買うと濃度が低く、試薬は1級のものを使う
のが望ましいという。以上終了。 (Google 検索にて)


なかがわ水遊園を訪れると、どうしてもピラルクーを見たくなります


  1. 2014/01/19(日) 21:49:59|
  2. 展示館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<里山の沼に息う・・・羽田沼(はんだぬま)の白鳥 | ホーム | 池波正太郎と江戸料理>>

コメント

透明魚ができるまで

こんにちは~
今日は朝からとても寒い日です
ひざしはあるものの~あまり気温が上がっていないのは、昨日降った雪が
北国の方から風を運んでくるのでしょうね
もう我が家周辺に雪はありませんが~

ピラルクーいうお魚、大きいのでしょうね
アマゾンに住むという…そして他の水族館にも貸出し中とか~
アマゾンはイグアスの滝に行ったときに少し酔ったことがありますが、
ほんの少しだけです

透明魚ができるまでにはいろいろ大変な作業Yがあるのですね
ホルマリンは猛毒なんですか?よく死体を保存するのに使われているあれですね~
私の娘も一応大学で解剖の勉強をしたのでホルマリンなどを扱っていると思いますが、魚自身の骨だけではなく全部が透明になって、そして綺麗に染色されているのですね
こういうことってなかなかできないことでしょう
諸外国でもあまりやっていないのでは?と思ったりします

ブルーカンデールやタツノオトシゴなど綺麗に色づいていますね
世の中にはいろいろなことを研究している人がいるんだと改めて思いました
貴重な透明魚を見せていただきありがとうございました
  1. 2014/01/20(月) 11:27:23 |
  2. URL |
  3. 花ぐるま #-
  4. [ 編集 ]

花ぐるまさんへ

毎日のようにブログを覗いていただき恐縮です。
そして早々のコメントありがとうございます。

まだ足がふらつきますが、車の運転は座っているので比較的
楽な感じがしますが、咄嗟の危険防止がどうかは未知数です。

ボクは透明魚標本にお目にかかったのは初めてです。
作り方は結構行程が多く、手間がかかりそうですね。
娘さんのような方なら専門知識を活かせるので危険な薬品使用の
行程などなど迅速に処理できるでしょうね。

撮影はクリスタル容器の反射で難しかったです。画像を見て実物の美しさが
半分程度しか出ていない気がしました。
ブルーカンディールはそんな中でも綺麗なほうだと思います。

ピラルクーはもう何度記事にしたか分からないほどです。
グロテスクな顔をした巨大魚ですが、悠然と泳ぐ姿は貫禄充分です。
  1. 2014/01/20(月) 17:43:28 |
  2. URL |
  3. 松ぼっくり #-
  4. [ 編集 ]

透明魚!

こんばんわ~
遠出ができるようになられて本当に良かったです~。

透明魚、驚きました!
何と綺麗なこと。
夢の世界ですね。
制作過程を読ませていただくと大変だなと思うと同時に
ちょっと怖い気もしました。

ゆったりと泳ぐピラルクー、王者の風格が漂ってます。
そしてあのアマゾンを思い浮かばせてくれました。
よく見るとお目目がかわいらしいですね。
とても上手に撮られていて見やすかったです。

珍しい上に人気者なんでしょうか。
貸出されるくらいですから・・・
仏像の貸し出しはよくありますがお魚もありなんですね。
生き物ですからたいへんでしょうね~。

ありがとうございました。



  1. 2014/01/22(水) 21:38:20 |
  2. URL |
  3. magamik #-
  4. [ 編集 ]

magamikさんへ

いつもコメントありがとうございます。記事を丁寧にご覧くださり恐縮です。

遠出と言っても往復60km程度でしたが安定して運転ができました。
アクリル容器に入っていて光の反射があり撮影が難しかった透明魚標本です。
作り方の行程を見るとかなりの薬品を使うようで面倒のようですね。
余程好きな方でないと作る気にはならないでしょうね。

ピラルクーに関しては、今まで一番評判が良かったのはYoutubeでも
もう一方のシリーズでの「アマゾンの潜水艦ピラルクー」という表題のもので
2000以上の訪問があります。水族館ではどこでも人気のある魚です。
水族館同士で珍しい魚の貸し借りがあるようですね。
  1. 2014/01/23(木) 22:19:54 |
  2. URL |
  3. 松ぼっくり #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは

なかがわ水遊園へ行かれたのですね。運転には本当にお気をつけください。
乾燥注意報が続いています。火の元にもお互い気をつけたいですね。

火の元といえば、例の火事後の空き地ですが、何年も沈黙を保ち続けていたのですが、本日地鎮祭が行われ、親世帯と若夫婦世帯が二軒同時に家を建てる様子です。今のところ特にあいさつなども無く、人づてに聞いただけなんですが。問題は日当たりですよね。。どちらも二階建てとなると、かなり影響がありそうで。。日中家にいるので、それが気がかりな今日このごろです。
  1. 2014/01/26(日) 22:25:31 |
  2. URL |
  3. ゆみぞう #-
  4. [ 編集 ]

ゆみぞうさんへ

コメントありがとう。

なかがわ水遊園は自宅から縦道をまっすぐ、一度左折、すぐに右折で着く
超簡単なルートの上に交通量も少なく、安心できるコースなので
乾燥した那須の空気から一時的でも逃れるために出かけた次第。

宇都宮であれだけの空き地がいつまでも更地のまま放置される事はなく
何らかの建物が建つのは当然で、一般の住居で良かったのでは。
良い隣人になってくれる方たちなら最高ですね。
敷地に余裕があるので、2階建でも極端に日当たりに影響は出ないでしょう。
  1. 2014/01/27(月) 13:31:32 |
  2. URL |
  3. 松ぼっくり #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nasunisibori.blog.fc2.com/tb.php/81-5900a2e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

松ぼっくり

Author:松ぼっくり
旅、映画、カメラ、読書が趣味
ソースは「Sakuraの勉強室」からお借りしています

旬の花時計 V2

アシタカさんの作品です

最新記事

最新コメント

リンク

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QR