那須野の旅人

旅の行く手にはどんな世界が待っているのでしょうか・・・

花火で締めくくり・・・芦野聖天祭(しょうてんさい)



芦野聖天祭(あしのしょうてんさい)
芦野聖天祭は芦野三光寺の縁日に行われます。三光寺は日本三大聖天 ( 浅草・妻沼・芦野 ) の
ひとつで真言宗の寺院です。 松平定信公書の『絹本墨書聖天掛け軸』や境内には樹齢300年の
ハイマツの大木があります。 毎年8月19日の縁日になるとたくさんの露店商が出て、花火大会や
よさこい踊り等郷土や地方招待芸能を中心とした出し物が披露され、賑やかな夏祭りとなります


芦野聖天祭


芦野の今と江戸時代の絵図

芦野の今と昔


芦野を流れる中の川とその橋を渡ってから続く旧奥州街道は仲町を通る。
その両脇には宿場町として栄えた江戸期の商家や旅籠の跡に屋号常夜燈を
を建てて当時の面影を保存している。花壇は川原町有志により管理される
下の画像クリックで3枚です

<<


仲町入口にある片足を投げ出したお地蔵さんともう一つの屋号常夜燈の例

仲町入口のお地蔵さんともう一つ屋号常夜燈の例


イベント広場での出し物2題

本場津軽仕込みの民謡「津軽小原節」と津軽三味線
( 演奏は小山貢清世社中と民謡歌手の須藤かすみさん )



元気な中高年フラダンスクラブの実演もありました


イベントが終った後は花火大会です
交通規制が厳重に行われ、福知山の事故の後だけに露店に対する警察の点検も念入りで
花火は3000発とそんなに大規模ではありませんが毎年人気があります。昨年は撮影場所が
近すぎて頭の上で開くばかりだったので昨年より500mも遠くに陣取ったにも関わらず、 同じ
ような感じであまり良いアングルが得られませんでした。一眼レフのBULB撮影では自分でも
信じられない不思議な写真も得られましたのでオーソドックスな写真と共に載せました


画像連続クリックで16枚です
<<>
<画像 1>



自分の確たる意図で仕上がった写真ではない不思議な画像の中から5枚
BULB撮影でないと決して撮れないものです

下の画像クリックで拡大画像が出ます。画像は右上の☓で閉じてください


< < < < <



 <参考>
実際は花火としては失敗作なのですがBULB撮影はそれなりに面白いアート?が現出する
画像クリックで8枚です


No. 1


BULB(バルブ)撮影について
決して知ったかぶりをするわけではありませんが、このBULB撮影機能は一眼レフカメラにのみ
搭載されています。 真っ暗な場所で星を撮影したり遠い夜景や花火などを撮るのに適しています。
それにはカメラの撮影設定を自分でやります。F値と言ってレンズの絞りを決める必要があります。
花火などの対象が明るい場合にはF5.6~8くらいにします。 シャッタースピードは花火なら4~8秒
でシャッタ-ボタンを押している間、開き放しになるのがバルブ撮影です。そのためブレやすいので
レリーズコードを使い自分の手ではシャッターを切らないのがベストで、当然三脚が必要となります




  1. 2013/08/22(木) 16:49:49|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<夏から秋への花姿・・・日光上三依水生植物園 | ホーム | 高原のゆりパーク・・・ハンターマウンテン>>

コメント

お祭りが盛んです

こんにちは~
今日は朝から曇天なのに雨が降ってくれません
その代り何と蒸し暑いのでしょう!まったくサウナの中にいるような気分です

いま、全国津浦々お祭りが盛んですね
芦野聖天祭は皆さんが楽しみにされているいろいろなイベントがあって、楽しそうです
まずはいろいろなお店が出て、子供たちの楽しみの一つ。
先日はこの露天商のガソリンの取り扱いが悪くて大変な惨時が起きてしまいました
以後このようなことがないようにしてほしいですね

津軽三味線にのって歌が流れ、そして中高年のフラダンスが行われ、
最後に花火でしょう。
これだけの催し物をするのにずいぶんお金もかかることでしょう
私の街では今年は中止になりました。前役員のお金に関する疑惑があったからです

花火の画面はどれも素敵ですね
特に最後の5枚の大きな画面の花火には驚きますね
一眼レフプラス三脚が必要なんですね
何方の花火を見てもこれだけ綺麗にまた、面白く撮れてはいませんから
松ぼっくりさん、してやったりですね

素敵な画像の数々を有難うございました
  1. 2013/08/23(金) 13:21:52 |
  2. URL |
  3. 花ぐるま #-
  4. [ 編集 ]

花ぐるまさんへ

ご丁寧なコメントいつもありがとうございます。今日の午後は千葉でも
雨との予報ですから、降雨による涼しさが期待できますね。

お祭りの露店をブラリとして楽しんだのは子供の頃で、いつからかそれもなくなりました。
最近はイベントの面白い内容があれば動画などに撮って残しています。
今回の津軽三味線と唄はセミプロ集団で、田舎町によくぞ招いたと思います。
歌手の須藤かすみさんの張りのある声は動画でのものよりもはるかに上でした。

フラダンスは近年中高年の間でブームで、ここのところ人気は下降気味ですが
みなさん元気ですね。この年齢になってもこうして楽しむ心は見上げたものですが
後ろ向きになって腰を振る姿はやはりお歳で色っぽくありません。失礼・・・

バルブ撮影に関してはコンデジ使用の方には全く分からないと思いますが
こういう撮影法もあるものかと一度ネットを除くのも良いのではと思います。
シャッタースピードはレリーズコードでタイマーでセットしてもよいのですが
ボクなどはシャッターを切ってから1,2,3・・・と数えてからボタンから手を放します。
シャッターを押している間はBULB撮影では絞りが開いたままなので
フェンダーは真っ黒で何も見えません。ですから仕上がりをイメージして
一度に幾つかの花火を撮影できるのです。開いている間に複数の花火を
撮影できるのですが、花火の位置が決まっていないので非常に難しいです。

拡大画像の1番目は深海の大烏賊のイメージ。5番目は宇宙からの侵略者に見えます。
失敗作が多いのですがPCに載せるとバックが黒なので何とか物になります。


  1. 2013/08/23(金) 18:08:05 |
  2. URL |
  3. 松ぼっくり #-
  4. [ 編集 ]

花火の写真

幻想的な花火の写真が撮れましたね。やはり一眼レフならでしょうね。素敵な画像のいろいろ有り難うございました。
きょうは久しぶりの雨で涼しくなりました。ただ大雨洪水注意報が出ています。時折雷鳴も聞こえます。「雨だ!」と喜んでばかりもいられませんね。
  1. 2013/08/24(土) 09:52:24 |
  2. URL |
  3. Sakura #-
  4. [ 編集 ]

Sakura 先生へ

コメントありがとうございます。今回も先生のソースをありがたくお借りしています。

バルブ撮影はセッティングも面倒だし、重い機材で夏など苦労するので
今年はやめようかと思ったのですが気持ちが先立ってしまいました。
動画も撮ったのですが選んだコンデジが花火向きでなく全編失敗したので割愛しました。
Sakura先生の芦屋の花火の動画みたいにはゆきませんでした。

ある程度頭に仕上がりをイメージしてシャッターを押していますが
バルブ撮影ではシャッターボタンを押している間はシャッターが切れませんので
フェンダーは真っ暗でその間に打ち上がった花火が複数撮れるわけですが、1,2,3,4と数える
時間が問題で長すぎると解放状態が続くので白っぽくなり短いと暗くなったりと
その都度花火の状態を見極めるのが難しいですね。
望遠レンズで完全に花火全体が入る場所ではなかったので、アップでの
面白画像を目指しました。まともに撮れた一部は下方に小さく上がった花火で
スターマインの大玉はほぼ頭の上で炸裂していました。

此方は昨日も十分に雨が降り、適度の降り方なので助かりました。
九州は猛暑が続いていたようですが降って良かったですね。
最近は気象が極端ですぐに洪水注意報や警報になり困ったものですね。
  1. 2013/08/24(土) 15:06:08 |
  2. URL |
  3. 松ぼっくり #-
  4. [ 編集 ]

BULB撮影

こんばんわ~
芦野聖天祭は縁日に行われるのですね。
露店は見て歩くだけでも楽しいです。
和牛串焼きというのは初めて見ましたよ。

常夜灯に屋号が入ってるのはこちらでも見かけます。

民謡歌手の須藤かすみさん、流石上手で聞かせますね。
フラダンスのおば様方素晴らしいです!
若さを保つ秘訣かもしれませんね。
magamikは照れ屋ですので人前で踊ったり歌ったりはできませんので
羨ましい気がします~。

花火のBULB撮影は面白いし、素晴らしいですね!
一眼レフならではの機能なんですね。
こんなに素敵に撮れたら病み付きになりそうです。
ネオ一眼では無理なんですね、残念!
三脚も横着して使いませんから尚いけませんね~。

ありがとうございました。












  1. 2013/08/27(火) 22:19:59 |
  2. URL |
  3. magamik #bKKOO0R6
  4. [ 編集 ]

magamikさんへ

いつもコメントありがとうございます。ここにきて急に秋の気配を強く感じます。

お祭りには付き物の露天ですよね。値段は少し高めだし、衛生的にも?なのですが
つい手を出して買ってしまいます。甘辛両党のボクは大判焼きをかじりながら歩きました。
大阪焼きなど、関西の焼き物の名が付いた店が多いのは露店の起こりは西なのでしょうか。

古い宿場町には街道筋にあった商家や旅館の位置を記憶にとどめるために
屋号常夜等を設けて昔の面影を彷彿させる一助としているようですね。

須藤かすみさんは素人ではないので上手なのは当然なのですが
生で聴くともっと張りのある声で素晴らしい津軽民謡が聴けました。

バルブ撮影はフェンダーで確認して撮れないので、仕上がりをイメージして
1,2,3,4,5・・・と
数えてからシャッターボタンから「手を放します」。 それで初めてシャッターが切れ
その間に打ちあがった複数の花火が同時に撮影されるので面白い訳ですが
正直、大半が失敗作なんです。それをトリミングなどして黒の背景でアップすると
何枚かは使える画像になります。全体が綺麗に収まったものは最初のほうに載せました。

夜景に良いはずのネオ一眼も持って行き、花火モードで撮りましたが
一眼の望遠レンズとは正反対で対象が遠いのでズームで撮ったら全部ピンボケになりました。
  1. 2013/08/28(水) 14:38:32 |
  2. URL |
  3. 松ぼっくり #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nasunisibori.blog.fc2.com/tb.php/58-7183012f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

松ぼっくり

Author:松ぼっくり
旅、映画、カメラ、読書が趣味
ソースは「Sakuraの勉強室」からお借りしています

旬の花時計 V2

アシタカさんの作品です

最新記事

最新コメント

リンク

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QR