那須野の旅人

旅の行く手にはどんな世界が待っているのでしょうか・・・

鎌倉温泉にて・・・蔵王の旅最終章



みちのく公園からはすぐ近くの鎌倉温泉に着いたのは15時頃。チェックインは14時なので早めに部屋に
入り早速温泉で寛ぎました。 浴室などは改装して現代的になっていましたが、 宿泊棟などは全て木造で
昔の湯治場の雰囲気が色濃く、ペンションとは正反対。それも一興で、しかも清潔な旅館でした。


何故蔵王に鎌倉温泉が? と誰もが最初は不思議がるようです。
その名前の起こりはこうです。 1062年(平安時代後期)前9年の役で重傷を負った鎌倉権五郎景政が
夢の中で出羽三山の女神のお告げによりこの温泉を発見した。彼が湯に浸るとみるみる傷が快方して
一日で全快してしまった。その言い伝えによりこの地一帯を鎌倉沢と呼び、 傷に効く温泉として近隣の
村々の人々によって大切に保護され明治維新直後の受難期も無事乗り越え現在に至っているとの事


鎌倉温泉


翌日は昼間からの入浴で寛ぎ、小雨の止むのを見計らってから
風邪をひかない服装に着替えて温泉近くを散策してみました

スタートボタンクリックで画像11枚です。間をおいてBGMが鳴ります

<<<
曲は 「導きの糸」


散策路途中で見かけた畑。こうした作物は旅館の料理にも使われるとか
画像マウスオン・アウトで2枚です




ご主人の趣味で飼っている池の鯉に人面魚がいる。この日は水が濁って判然とはしなかった




翌日朝チェックアウト後ご主人が温泉所在地平沢地区の名所を案内してくれた
その中から2ケ所


古い歴史を刻んでいる宮城県天然記念物弥陀の杉
樹齢900年、樹高約45m、幹回り約10m

巨大弥陀の杉

ご主人が代表を務める保晶寺の由緒ある山門と前方は当人
保昌寺と温泉ご主人


曇りがちの天候の中、帰途白河ICで東北道を降り、くろばねユリ園に立ち寄った
ユリ園はたいへんな混みようで改めて皆さんの花好きに驚いた。カサブランカが人気で畑は空だった




下の小画像にマウスオンです <
<
< < < < < < <


くろばねユリ園で購入時のバルタ

購入時のバルタ


その後、最近までボクの花壇で咲いていたバルタ

我が家で咲いたバルタ



  1. 2013/07/30(火) 20:33:27|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:6
<<湿原の花たち・・・沼ッ原の夏 | ホーム | みちのく公園にて…蔵王の旅 5>>

コメント

ひなびた温泉

お早うございます
私も鎌倉温泉が~こんな所にと思った一人です
そういういわれがあったのですね

今もまだ炭焼き小屋が現役で使っていらっしゃることに、古いものを尊ぶ
ご主人の心意気が伝わってきます
ご主人が案内してくださった立派な保晶寺の山門とそして天然記念物の
杉の大木など、知らない世界を案内してくださって本当に心温まるおもてなしでしたね

人面魚?の鯉、みつかりましたよ~

近くにある百合園は凄い人出だったようで、色々の百合の花がとても美しいです。大方はスカシユリ系でしょうか~
そしてバルタという百合はピンクだったんですね
最近百合の花の種類が凄く沢山あってきっと海外から沢山入ってきているのだと思います
私の家のは、殆どが留守の間に咲き終わり、ちゃんと百合の花を見ていません
百合の花の花柄を取ってまた来年に備えます。これから肥料も上げないといけませんから
長いみちのく・蔵王の旅の最後は百合でしたね
有難うございました
  1. 2013/07/31(水) 07:43:43 |
  2. URL |
  3. 花ぐるま #-
  4. [ 編集 ]

花ぐるまさんへ

早々のコメント、お忙しい中ありがとうございます。

5日間おき位の更新なので最終アップで1ヶ月も過ぎてしまいました。
花ぐるまさんのように毎日更新もできないので、最後の頃は季節外れになるばかり。

鎌倉温泉の主人とは何故か気が合って話が弾みました。この方は80歳近いのに
将棋は7段、アマチュア無線などもこなし、そのいずれでも役職を兼ね、お寺の代表だったり
町の外郭団体役員や、自作農業で旅館の野菜は自給自足、炭焼きetc..など多才な方でした。
温泉はあまり高くない宿泊料にもかかわらず料理は12品にも及びました。
温泉自体も泉質が良く昼間から近辺の方々が入浴に訪れていました。

チェックアウト後に地元を案内されたのも初めての経験でしたが、写真は折あしく
3個のカメラ全て電池が切れしていて、最後にはユリ園分を残すまでになりました。
充電器持参も前夜は充電するのを忘れていました。

帰って間もなく行った沼ッ原湿原も記事にするは時季外れになってしまいましたが
ニッコウキスゲやコバイケソウが今年は殊の外当たり年でしたので
この後載せる予定です。時の経つのが速いですが不順な天候は体調にも良くないですね。
  1. 2013/07/31(水) 14:52:59 |
  2. URL |
  3. 松ぼっくり #-
  4. [ 編集 ]

ユリ園に関しての追記

くろばねユリ園の百合の種類の多くはアジアンティック・ハイブリット系の
「スカシユリ」が多いようです。

日本の原野に咲く百合が原種となって世界に広まっている品種もかなり多いですが
種類としてはカサブランカが代表でしょうね。
くろばねユリ園にもありますがすぐ売れてしまいます。

オランダなどから、オリエンタルティック・ハイブリット系の種類も
この時季に入ってくると係の方は言っていました。
百合関係の輸入商社が近年日本にはたくさんあるようですよ。
  1. 2013/07/31(水) 15:37:24 |
  2. URL |
  3. 松ぼっくり #-
  4. [ 編集 ]

そんなに愛好者が多いとは~

こんばんは
百合のお話有難うございます
百合に関してそれほど愛好者が多いとは驚きです
百合は一般的には場所もとるし、大きくなるので家庭では敬遠される方も多いですが、多分松ぼっくりさんの地方では敷地も広いお宅が多いのですぐ売れてしまうのでしょう
私は百合の球根をそれほど園芸店で見たことはないですが、いつも売っているような気がします
上を向いて咲く種類はスカシユリ系で、横や下向きのものは日本の山百合に似ていて、カサブランカ系が多いでしょう
カサブランカ系は日当たりが余り必要ではないですが、スカシユリは上を向いて咲くので日当たりのいい方がお花も多いでしょうね

ただ、オランダなどに行くと日本どころではないほどの花が一杯あって
それは楽しいです
オランダのキューケンホフ公園へ行ったときには感激しましたから~
百合のこと、有難うございました
  1. 2013/07/31(水) 21:12:49 |
  2. URL |
  3. 花ぐるま #-
  4. [ 編集 ]

こんばんわ~
蔵王の旅、最終章は鎌倉温泉。
??でしたが謂れよくわかりました。
その温泉浴でくつろがれ、気分も爽快でしたでしょう。
やはり温泉はいいですね。

人面魚、一時テレビでも騒がれました。
ぼんやりですが人面に見えますよ。

樹齢900年もの宮城県天然記念物弥陀の杉、立派ですね!!!
そして、保晶寺の山門も風格がありますね。
御主人、良いところを案内してくださり、嬉しい限りですね。
松ぼっくりさんのお人柄が良いからでしょう。

くろばね百合園は大人気のようですね。
畑に植えられてるのを買うことができるのですね。
松ぼっくりさんが買われたバルダはやさしいピンク、
来年も楽しみですね~。

私もマンションに数種類のユリを植えました。
みなさんとてもお好きなようですよ。

楽しく拝見させていただきました。




  1. 2013/08/01(木) 23:25:32 |
  2. URL |
  3. magamik #-
  4. [ 編集 ]

mmagamik さんへ

コメントいつもありがとうございます。

鎌倉温泉の周辺はこれといって見るべき景観はなく、普通の里山の眺めでした。
その中には宿の主人と奥さんの丹精込めた畑があり、宿の庭園には庭木も豊富でした。
年齢もボクよりかなり上のご主人は多才な方で、晩年を活き活きと過ごされていました。
人面魚は写真こそ判然としませんが、実際にはかなり近くにやって来ると
はっきり確認できましたが、撮影しようとすると何故かす~と逃げてしまいました。

最後の2日間は遠刈田での疲れを癒すには最高の温泉でしたが、最近とみに疲労が抜けなくなりました。
チェックアウト後の案内には感激しましたが、温泉や地区のアピールの面もかなりありました。

くろばねユリ園は毎年記事にしているので、丁度百合の時期だったので帰りの途中にあるので
立ち寄ったのですが休日の事もあり大混雑で、車の停める場所もないくらいでした。
殆どが中高年で、この年齢になると楽しみは草花を愛でるのが何よりになる方が多いのでしょうね。

我が家には原種ヤマユリが沢山あり、その近くに長く居ると頭が痛くなるほどの
強い香りです。ヤマユリも2,3本でしたら芳香ですが、多すぎるとあまり好きな香りではありませんね。
スカシユリの仄かな香りのほうがいいですね。
  1. 2013/08/02(金) 13:58:30 |
  2. URL |
  3. 松ぼっくり #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nasunisibori.blog.fc2.com/tb.php/54-440bdd4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

松ぼっくり

Author:松ぼっくり
旅、映画、カメラ、読書が趣味
ソースは「Sakuraの勉強室」からお借りしています

旬の花時計 V2

アシタカさんの作品です

最新記事

最新コメント

リンク

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QR