那須野の旅人

旅の行く手にはどんな世界が待っているのでしょうか・・・

人気のヒマラヤの青いケシ・・・日光上三依水生植物園



寒暖の差が大きい場所を好む花
普段はガラガラの駐車場がこの日は満車で他へ回された。 前日、NHKでここが紹介された
ので見学の人たちが押し寄せたようだ。 ボクとしては大騒ぎをして遥々やって来るほどの花
には思えないのだが、栃木県でも此処と真岡にしかなく、また、日本の風土ではどこでも育つ
花ではないので珍しいのだと思われる。

今年は水生植物園でもことのほか開花状態が良く3ヵ所に分けられて咲いていた。それぞれ
ヒマラヤの青いケシの仲間の白いケシが1株ずつ咲いていた。季節毎の寒暖の差が激しい
場所を好み六甲や長野等有名な場所があるが太平洋沿いの温暖な地などには見られない

上三依水生植物園


折角来たので何枚か撮りましたが、最初に咲いている場所の感じを動画で示します

挿入のBGMは園内にも咲いていた「勿忘草」



人気の青いケシですから10 数枚写真に撮りました。終わり近くにヒマラヤの白いケシもあります
下の画像クリックしてください
<<>
<入口を入って正面の一部。他に2ヶ所ある>


ヒマラヤの青いケシ以外の花々
植物園には青いケシ以外の6月の花が沢山咲いていたのでデジブックにしました。
一眼カメラならではのバックのボケ味をフルウィンドウでご覧ください






  1. 2013/06/16(日) 20:32:43|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<身近な記事 | ホーム | 那須アルパカ牧場>>

コメント

素晴らしいですね

昨日は出かけましたので今日は出かける前ですがじっくりと見せていただきました
何年前でしょう…ヒマラヤの青いケシをヒマラヤまで見に行ったのは~
山道を13kmも歩いて真っ暗になって最後は小さな馬に乗りました

そして翌日、青いケシを見にまた7kmくらい歩いてやっとのことで現地に着きました
お花がいっぱいのところ、ところがヒマラヤの青いケシはそう簡単には見ることができません
岩を登って岩の上から崖下を見るとそこに白い花も青い花も咲いていました
あんなに苦労して青いケシを見るなんてきちがいだと自分でも思いました
その翌年だったか、黄龍へ行くともうバス通りの上の方標高4000m位のところに咲いていたんですよ~
苦労することもないのだと思いました
その翌年かな?箱根の湿生花園にも種から育てた青いケシがあるとブログで知り、いろいろな場所でその種がまかれて育っていることを知りました

松ぼっくりさんがいかれた水生植物園にもこんなに沢山咲いていたんですね
何となく藤原町の方が私もしっくりします

青いケシをふんだんに見せていただきました
撮影も素晴らしいですね。流石に一眼レフでじっくりと撮られただけあって素晴らしいと思います
そしてデジブックの方も素敵な花ばかり。
日本桜草の画面が特に素敵です!!
ムラサキツユクサやシランは家でもどんどん増えすぎて困っていますが、その他の花は育つのもなかなかです
チョウジソウなどはなかなか見られませんね

まだまだ谷ウツギなども咲いているのですね
私の家ではもうすっかり夏モードの花になりつつあります
勿忘草もこれだけあると本当に素敵ですね
有難うございました
  1. 2013/06/17(月) 11:28:46 |
  2. URL |
  3. 花ぐるま #-
  4. [ 編集 ]

花ぐるまさんへ

いつもいつもご丁寧なコメントありがとうございます。

花ぐるまさんが青いケシを見るために遥々ヒマラヤまでおでかけになった
その情熱と行動力には驚くばかりです。青いケシがまだ珍しい頃でしたね。
現地で見られたら、それに越したことはありませんが、時間と先立つ物がない人には
日本の山間部でも健気に咲いている青いケシは貴重な存在なんでしょうね。

この水生植物園は最初は純粋に水辺の植物だけを扱かっていたのが
今ではロックガーデンとか高地の植物エリアまでもあります。
寒冷地なので千葉の方より確実に1ヶ月近くは季節の進行が遅いので
そちらで終わったタニウツギや芍薬などもまだ咲いています。
  1. 2013/06/17(月) 21:03:10 |
  2. URL |
  3. 松ぼっくり #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nasunisibori.blog.fc2.com/tb.php/47-c4c48082
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

松ぼっくり

Author:松ぼっくり
旅、映画、カメラ、読書が趣味
ソースは「Sakuraの勉強室」からお借りしています

旬の花時計 V2

アシタカさんの作品です

最新記事

最新コメント

リンク

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QR