那須野の旅人

旅の行く手にはどんな世界が待っているのでしょうか・・・

佐渡の旅その2



尖閣湾からトキの森公園へ
昨夜の夕食はさすがに海の幸が一杯。 少々食べ過ぎであったが、 朝食も品数が多かった
そんなグランドホテルを後に二日目の佐渡の旅は日本海沿いを一路尖閣湾へと向かった。
遥か沖の向こうは北朝鮮だが海はあくまで青々として美しい。好天に恵まれ、早朝に着いた
尖閣湾では風の冷たたさも感じず、尖った岩の連続する海岸線の景観を思う存分楽しめた


日の出前のホテル窓からの風景は加茂湖です
下の画像クリックで潮風をイメージしたBGMが流れます (再クリックで停止)
サイトの混雑で作動が遅い場合はワンクリックのままで次へお進みください


<<


尖閣湾の位置
尖閣湾の位置


尖閣湾を色々な角度から撮りました。説明文はありません
下側の小画像にマウスオンです
<
<
表紙説明
< < < < < < < < < <


尖閣湾水族館とイカの泳ぎ。 オンマウス2枚

尖閣湾名称の由来
昭和17年文部省の天然記念物調査員の理学博士脇水鉄五郎氏が当地を踏査した際、海岸線断崖の
類稀な尖状岩石の連続に感銘を受け、 ノルウェーのハルダンゲル峡湾に勝るととも劣らない海岸美と
絶賛し、尖閣列島という名はすでに存在したがあえて『尖閣湾』と命名したとの事である



尖閣湾から土産物店を除き最後の予定地トキの森公園へ向かいました。 トキの森公園は当日新しく
オープンとの事で賑やかでした。 午後には石原環境相も訪問予定で関係者は張り切っていました。
期待のトキ見学ですが生のトキを見られはしましたが距離のある金網越しのため、 真近での観察は
できませんでした。 時折観客の多さに興奮したトキが金網で仕切られた空間を飛び回っていましたが
静止画も鮮明に撮れない金網の向こうなので、動画など全然ダメでした。なんとか静止画2枚のみが
見るに耐え得る程度でしたが全くお恥ずかしい画像になりました。トキは天然記念物でもあり、保護は
大変な苦労を伴い、ようやく繁殖が軌道に乗り、野生のトキの飛翔が30数羽も見られるそうです


<>
<下の小画像にマウスオンでしてください>
<<<<<<>


楽しかった佐渡の旅ともお別れです

佐渡にお別れ


◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

挿入記事
今週は私事で何かと忙しく、そうこうしているうちに記事更新も遅れてしまいました。
我が家のまとまりのない庭にも花が次々に開花していましたので、特に珍しい花も
(ニセアカシア?を除いては)ありませんが幾つか載せてみました。
チュ-リップ、 ヒマラヤユキノシタ、 フランスギク(マーガレットかも)、 シロツバキ、
シモクレン、ニセアカシア、ハナニラ、ヒイラギ、レンギョウ等(名前不詳もあり)

下の画像クリックで10枚です


<<



  1. 2013/04/20(土) 02:11:28|
  2. 旅行・イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<烏ヶ森公園と酪農試験場の桜 | ホーム | カタクリ山公園>>

コメント

時は過ぎて~

こんにちは~
お久しぶりでした。お風邪気味とお聞きしていたので何となく心配していましたが、お元気そうなので安心しました

新潟の佐渡の旅、楽しく見せていただきました
尖閣湾に打ち寄せる波、美しい海からは色々な新鮮なお魚が捕れることでしょうね~きっとホテルでのお食事も美味しかったことと思います

尖閣湾水族館でのイカの泳ぎ、面白いですね。真っ直ぐに泳ぐんですね

トキの森公園へは私も何年前かの秋に行きました
紅葉が進んでとても美しい公園だったことを思い出しますが、トキの飼育場は矢張り金網越しなのでよく撮れませんでした。保護するためにはあれくらいしないと駄目なんでしょうね
その時トキって意外とあまり可愛くないなあという印象を受けたのでした
クロトキなんて本当に可愛くないのですよ

トキより可愛いと思うのはヨーロッパなどに多いコウノトリです
コウの鳥はヨーロッパの(特にポルトガルなど)お城などに巣を作っていたりします

私自身も動画にはあまり興味が無いので動画加工はしないでいますが、
飛ぶ姿などは動画の方がいいでしょうね

お宅のお庭に咲いた花、ニセアカシアは増えて仕方がないので困りませんか?種でも増えるので
広いお庭なのでいいのでしょうね~
可愛い花たちがお庭を彩っていますね
私の所も雑草が沢山生えてきて毎日抜いてはいますが、狭い庭でも追いつきません
これからが大変な時期ですね
水遣りも少し留守をするだけで花がしおれたりします
佐渡の旅とお宅のお花を有難うございました
  1. 2013/04/20(土) 09:19:04 |
  2. URL |
  3. 高花六無斎 #-
  4. [ 編集 ]

高花六無斎 花ぐるま)さんへ(

毎回ご丁寧なコメントありがとうございます。八ヶ岳トレイルは如何でしたか?

桜の記事が後に控えているのに今頃佐渡旅行の記事のアップとなりました。
尖閣湾は海のブルーが特に美しいという事ですが画像ではそれほどに伝わりません。
透明度が抜群なのは最高のようです。海が汚れていないのですね。
女性添乗員の話ではこの近くの民宿に長く泊まり、宿の主人から釣りの手解きを受けたら
簡単に魚が釣れたので感激したと言っていました。

イカの直線的な泳ぎは珍しいというのでそれだけを目的で入館しましたが
撮影に関しては撮影条件が悪く動画は無理で、静止画もピンボケとなりました。

トキの森公園は期待していただけに失望しました。保護上やむを得ないでしょうが
金網越しは最悪ですね。そして仰るようにトキは可愛い鳥でもなく、優雅さもありませんよね。
ただ日本で絶滅寸前に人間の保護によってようやく個体数が増えてきたという
実績が高く評価されているのでしょう。それも元をただせばトキを絶滅寸前に
追いやったのは狩猟などのによる人間なのですから皮肉なものです。
ただ、公園を訪れている皆さんは楽しそうに見学していました。

我が家の庭も徐々にではありますが整備されつつVありますが、ガラクタを片付けても
捨てた訳ではなく、別棟の娘夫婦の前の空き地に積んであるので、娘は不満そうです。
家内が思いつきで買ってきた花があちこちにあって、名も分からないのが幾つも
ありますので折をみて花ぐるまさんに教えて頂こうと思います。
  1. 2013/04/20(土) 16:39:40 |
  2. URL |
  3. 松ぼっくり #-
  4. [ 編集 ]

佐渡の旅

おはようございます!
私にとっては遠い佐渡、地図で位置関係がよくわかりました。
体が不自由になってしまった夫がいますので、5年前から旅が出来なくなりました。
皆さんのブログで楽しませていただいてます。

佐渡も素晴らしいところですね~!
尖閣湾の岩石の美しさ、日本海ならではの風景ですね。
青い海原と侵食された岩、シンプルだけど魅了されます。

水族館のイカ、生きてるイカは透き通ってますものね~。
目が結構愛らしいです~。
動画に撮れなくて残念でしたしょ!

天然記念物のトキ、何十年もの間、飼育担当者は苦労なさり、やっと野生に戻すことに成功し、本当に良かったです。
兵庫県では同じようにコウノトリが保護され、野生に放たれ、巣をつくり、子育ても出来るようになりました。
こちらへは見に行ったことがありますが、頭上をゆっくりと、低空で飛ぶ美しい姿には感動しましたよ。
野生に放すために、地域の皆さんが農薬をやめて、コウノトリの餌が育つようにずいぶん努力されました。
その結果、無農薬のお米はブランド米として、価値が高くなったそうです。
トキの静止画、網目越しでは撮りづらいですが、よく撮れてますね。
流石です~。
動画で撮れたら、イキイキ感も出て、よくわかりますものね。
こちらもイカ同様、ちょっと残念でしたね。

広いお庭に植えられた花や木、のびのびと育つことが出来て、幸せですよ。
我がマンションのシモクレンはチョンチョンに剪定されてしまいますから、わずかしか花が咲きません。
狭いですから仕方ないですががっかりします~。
チューリップは大好きな春の花、必ず植えるようにしてますよ。

ステキな佐渡の旅とお庭のお花楽しく見せて頂きました。

管理人のみのコメント有難うございました。
いつもアドバイス嬉しく思っております。
カメラはキャノンのPowaer Shot SX50HSです。








  1. 2013/04/22(月) 10:53:07 |
  2. URL |
  3. magamik #-
  4. [ 編集 ]

magamikさんへ

ご丁寧なコメントいつもありがとございます。magamikさんは文章にもおよそ
誤入力がなく、ワードなどで相当鍛えられたのでしょうか。

トキは佐渡固有の鳥なので見るためには大阪からは新潟の寺泊港から高速船で
行くのが最も近いでしょうが、個人で行くと距離費用とも半端ではありません。

佐渡は地図で見るより行ってみると欠航広いです。コシヒカリの水田地帯の広がりの
大きさに見な驚いていました。
海に囲まれているので当然海岸線には観光スポットが多いようですが、
2,3日の旅では一部しか見られません。両津港側にも良い処があるとの事です。
海岸線の観光スポットでも尖閣列島はその代表的な場所だと思います。
画像では表現できませんでしたが海色の紺青さは素晴らしいものがありました。

イカは直線的に泳ぐので面白かったです。ただ薄暗く静止画も良く撮れず
まして動画はボクのカメラでは無理でした。金網越しのトキも同じでした。

トキの森公園は広々とした丘陵地帯にあり、トキ展示館見学がてらの散策には最高です。

我が家の畑は綺麗に整地したものの、かなり広いので家内一人では持て余すでしょう。
家とは別の場所にに同等の広さの畑を借りているのですから呆れかえります。

ボクもb最初に勝った750万画素「のコンデジと1800万画素の現在多用している一眼が
Canonです。
扱い易く画像も綺麗ですよね。magamikさんのHD動画は静止画に近い綺麗さがありますね。
ボクハ動画にはカシオのExilimというコンデジを使っています。
  1. 2013/04/22(月) 15:36:47 |
  2. URL |
  3. 松ぼっくり #-
  4. [ 編集 ]

こんにちは^^*

佐渡の旅、読ませていただきました。
まだ行った事のない未知の世界です。
雪が残る山々、そうなんですね~佐渡は北の方ですものね。
雪をかぶった高い山を見ることがあまりないので、このような画像にはいつもくぎ付けになります。
高い山は夏山しか行ったことがありません。
もう少し前までは、夏はよく北ある歩薄などに出掛けていました。
穂高、槍が岳、白馬などなど、東北の山にもいってましたが、膝を炒めてから行かなくなり、このような景色ともしばらく出会っていません。
沖縄の海もきれいでしたが、佐渡の海も負けないくらいきれいなんですね。
行きたいところ候補に加えることにしました。

広い畑、いいですね~^^*
いっぱいお屋差がつくれそうです。
きれいに整地されて、夏野菜を植える準備が整いましたね。
私もダリア、楽しみにしています。
  1. 2013/04/22(月) 18:03:14 |
  2. URL |
  3. みーたん #shG0gkhA
  4. [ 編集 ]

みーたんさんへ

コメントありがとうございます。

広島から東北や北陸はやはり遠いですよね。手軽にひょいと出かけられる処ではありません。
行ったのは3月の終わりだったので佐渡山脈にはかなり雪がありましたが
この時季はさすがに僅かな残雪になっていることでしょう。

ボクも数年前、なんでもない1900mクラスの登山で膝を痛めてしまい、平地でも10km位歩くと
膝の内側が痛んできます。登山も上りはいいのですが下山が長引くとかなり痛いので
渓流釣りのような短時間の上り下りに活路を見出してきました。
花ぐるまさんのような健脚な方には羨ましさえ感じてしまいます。

佐渡へは日本海側を北上するツアーなどで是非行ってみて下さい。思いのほか
広い島なのに驚くかと思います。

畑は家内の専門でボクはタッチしません。また、今まで花を最初から育てることも
全くなかったので果たしてうまく芽を出してkれるかどうかも未知数です。

  1. 2013/04/22(月) 21:51:32 |
  2. URL |
  3. 松ぼっくり #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nasunisibori.blog.fc2.com/tb.php/36-6233532c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

松ぼっくり

Author:松ぼっくり
旅、映画、カメラ、読書が趣味
ソースは「Sakuraの勉強室」からお借りしています

旬の花時計 V2

アシタカさんの作品です

最新記事

最新コメント

リンク

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QR