那須野の旅人

旅の行く手にはどんな世界が待っているのでしょうか・・・

早春の滝・・・塩原



本州南方に限らず栃木県南部でもソメイヨシノが開花するなど今年は特異な現象で気象庁観測以来
2番目に早い開花らしい。これは寒い時期がいつもの年より長く十分に休眠した桜が、ここへ来ての
暖かさで一気に開花力を発散させたことからきたのだそうです。 冬の寒さが開花を早めたとは・・・
そんな中、桜の開花にはまだ早いので久しぶりに地元塩原の滝でも撮ろうかと出かけました

数年前に撮った龍化の滝
塩原で最も美しい滝 (私見)。 三段になって落ちる様はまさしく龍の化身のようです。
R400から20分で行けるので人気があるが、狭い不安定な岩石の道で大雨などで度々崩れている


龍化の滝
撮影データ:カメラ フジファインピックスS3プロ、レンズ シグマ70~200mm F2.8
絞り優先 f 25、S値 0.5秒、露出 - 1、ISO100、WB オート 三脚使用


久しぶりに龍化の滝を撮影するはずだったが・・・
暖かな日和で、車を国道の駐車場に停め、勇んで滝に向かったが途中で思いがけない看板
下のサムネイルにマウスオンしてください

<
<
< < < < < < <


国道(R400)に戻り対岸の箒川に架かる布滝。淵でヤマメやハヤが釣れる

布滝


ここから国道4号方面に2キロほど行くともみじ谷大吊橋がある。今回は大吊橋の架かるダム湖の
バックウォーターに落ちる回顧の滝(みかえりのたき)と周囲の風景を載せてみました


回顧表題


画像クリックで3枚です
<<



周囲の風景 (自動スライド4枚)

回顧の滝の近くで



このすぐ近くのR400に、厳寒期の凍結でも安全に通行できる回顧トンネルが建設されてから間もない。
旧道は冬期間閉鎖で車は通れない。疲れていたが2kmほど歩いてみた。2車線10mある道路の中央を
何の警戒心もなく歩くのは一見快適のようでもあるが、人っ子独りいないのも不気味ですらありました。

自動スライドHDサイズ5枚にしました。画像切り替えは5秒で、5枚ですから25秒です。是非ご覧ください
R400旧道(冬季閉鎖)を歩く

R400旧道(冬季閉鎖)を歩く
                                上の5枚は閉鎖された旧道を歩かないと撮れない画像です


  1. 2013/03/22(金) 00:56:27|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<遅い春でも | ホーム | 座禅草の自生地>>

コメント

早春の滝

こんばんは~
今年の桜は何処も早く咲き出して、お花見も予定より早まったりでサラリーマンの方は大変みたいですね
今夜は都内も賑わうことでしょう。もう今日が満開のようですから~

もみじ谷大吊橋は過去何度も行っていますが、龍化の滝
は知りません。数年前に撮られたという龍化の滝は何と美しいのでしょう
糸を引くように撮られて~素敵ですね
ここは多分秋の方が紅葉がきれいな所でしょう

そして今回は通行止めだったようで手前の風挙の滝へいかれたのですね
ここは渓流釣りができそうな所ですね。滝も豪快に落ちています
ヤマメヤハヤが釣れるとか~
松ぼっくりさんだったら何日もここに居たいでしょう

回顧の滝の糸のように細い滝、回顧の吊橋というのもあるのですね
私はこの辺りはさわりしか行ってないのでこういう風に滝めぐりをするのも面白そうですね
只だんだん年を重ねると自分で運転していくよりも、ツアーに乗っかって
行く方が疲れが大分違いますね
思うようにならないことも多いですが~そうするとなかなか行きたいところまで行けなくなってしまいます

お花の時期も良さそうな所ですね~私は何処へ行ってもお花があれば満足する性質ですから~
季節の良いときにぜひとも行って見たい所です。有難うございました
  1. 2013/03/22(金) 19:33:42 |
  2. URL |
  3. 花ぐるま #-
  4. [ 編集 ]

花ぐるまさんへ

コメントありがとうございます。今日は最高の釣り日和で解禁後2日目でした。
釣果は昨日釣られてしまい、あまり良くありませんでした。
道すがら例の妙道寺の枝垂れ桜を見てゆきましたが開花はまだまだ先のようです。
ソメイヨシノの開花速度には驚きですね。散るのもl早いという事ですよ。

龍化の滝は数年前、gooブログの頃でしたが当時は写真コンテストなどに盛んに応募するほど
カメラに凝っていました。この画像は三脚を使い絞り優先にして撮ったもので
絞りを大きくすると暗くなるため
自動的にシャッタースピードが遅くなる機構です。三脚がないとブレてしまい、このような
細布を引いたような写真は得られません。
一眼とコンデジの差がハッキリする良い例ですね。この写真は以前のブログに載せてあります。
古いDVDストックから探し出しました。風挙の滝は逆の撮り方で水しぶきが飛び散るようにしました。

この周辺は何と言っても紅葉が素晴らしい処です。地元なので油断していて、すごい車の渋滞に
遭ったことから最近は敬遠気味でした。混まなければ自宅から車で20分の距離です。
  1. 2013/03/22(金) 22:59:44 |
  2. URL |
  3. 松ぼっくり #-
  4. [ 編集 ]

お久しぶりです

Commentいつも素敵なブログです。
見どころたっぷり!とても楽しませてもらっています。
行ったことがないのに行った気分にさせてもらって、いつか見た景色のような存在にすらなっています。
滝もさながら、水面の光がきれいですね。

以前、リンクさせてもらっていましたブログから新しいこのブログに参りました。引き続きリンクさせてもらってもいいでしょうか。
  1. 2013/03/27(水) 14:02:57 |
  2. URL |
  3. みーたん #shG0gkhA
  4. [ 編集 ]

みーたんさんへ

コメントありがとうございます。冷たい雨の一日です。

この時季当地ではまだまだ本格的な春の訪れには遠く、ちょっと山に入れば
残雪もあり、木々の梢はまだ冬の姿です。
4月中旬になると何処から記事を書いていいか迷う程、記事ネタがあふれるのですが
今の処それもないので早春の滝などに目を向けることもできました。
トップの画像はgoo時代写真に凝っていた頃のもので、今回目的の滝までは落石で
行けませんでしたので、それを引っ張り出しました。良く撮れていると自負しています。
コンデジではこのようには撮れません。
他の画像は何しろ殺風景な冬枯れのような森や林なので、滝や水辺も映えません。

最近ボクのほうからコメントしないと、決してお訪ね下さらない方のブログには
一切関わらないように徹底しましたら、花ぐるまさんが毎回コメントを下さるほかは
不特定多数の方だけになりました。お陰様でコメント返しに多くの時間を割く事もありません。
お金と忙しくも暇が取れる花ぐるまさんはよく外国に渡航なさいますが
時間を取ってお訪ねくださる義理堅く優しいお方ですね。
会津のみーたんはこちらからコメントしない限り全くお訪ねはないので
広島のみーたんさんは是非いらっしてください。勿論リンクOKです。
ボクもみーたんさんのブログをリンクに加えさせていただきます。よろしくお願いします。
  1. 2013/03/27(水) 16:44:28 |
  2. URL |
  3. 松ぼっくり #-
  4. [ 編集 ]

素晴らしい自然

こんばんわ~
三年前に撮影された「龍化の滝」の滝、素晴らしいですね!!
見とれてしまいます~。流石ですね!

折角出かけられたのに落石で通行止めとは、ホントに残念無念ですよね。
風挙の滝を撮影の仕方を変えたり、角度を変えたりと同じ滝でもずいぶん雰囲気が変わりますね。
渓流釣りが楽しめる布滝、渇水気味の回顧の滝と塩原ダム湖、このあたりの
景色は新緑の頃や紅葉の頃は格別でしょうね。

人っ子独りいない、道路を2キロも歩かれて、素晴らしい景観を見せてくださり有難うございます。

豊かな自然の風景を堪能させていただきました。










  1. 2013/03/28(木) 21:18:11 |
  2. URL |
  3. magamik #-
  4. [ 編集 ]

magamikさんへ

コメントいつもありがとうございます。又、当を得た感想に感謝します。

magamikさんでしたらご理解いただけると思いますが、一眼カメラでないと設定が
無理なのは今回のような極端に遅い0.5秒のようなシャッタースピード設定や
バルブ撮影と言って花火などに使う機能です。
シャッターボタンを押している間はレンズが開いたままで、シャッターボタンから
手を離すとシャッターが切れるものです。薄暗い被写体や花火のように一瞬に消える
被写体を重ねて撮ったり、鮮明に撮るのに適しています。この滝を撮影したgoo時代は
今以上に写真を撮っては、どちらかといえばブログより写真展応募でした。
レベルの高い写真コンテストで入賞した事は一度もありません。最近はやめています。

龍化の滝が撮れなかったので、一眼はやめmagamikさんの持っているのと同じ
ネオ一眼を使いました。コンデジと同じ機能ですよね。他の画像は全てこれで撮りました。

道幅10mの旧国道の真ん中を車が来ないのを承知で歩くのも気持ちの良いものですが
やがて山中よりも不気味さを感じてくるのは何故でしょうか?
この道は5月には車も通れるようになりますが、入るのは地元車が多く、歩く方は
山菜採りやカメラマンくらいのものでしょう。素晴らしい風景も車で
よく見ることもなくさっ~と通過する例がほとんどだと思います。
  1. 2013/03/31(日) 22:37:19 |
  2. URL |
  3. 松ぼっくり #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nasunisibori.blog.fc2.com/tb.php/30-d6974c7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

松ぼっくり

Author:松ぼっくり
旅、映画、カメラ、読書が趣味
ソースは「Sakuraの勉強室」からお借りしています

旬の花時計 V2

アシタカさんの作品です

最新記事

最新コメント

リンク

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QR