那須野の旅人

旅の行く手にはどんな世界が待っているのでしょうか・・・

ステンドグラスの世界


那須ステンドグラス美術館
毎年2月のみ館内全てのステンドグラスの撮影が許されます。昨年は2月以外に訪れたので敷地内結婚式場に
使用される教会の飾り窓しか撮影できませんでした。  そんな訳で今年は寒風の中を期待して出かけたのした。
平日でしたがカメラを持った方などかなりの人でした。 この美術館の本業は結婚式場です。 2月はオフシーズン
なので色々のイベントで急場を凌ぎます。帰りがけにアロマオイル用の飾りガラス常夜燈スタンドを買いました


下の画像クリックでBGM   曲はグノーの「アヴェ・マリア」
オルゴール演奏です (再クリックで停止)

<<<

館内はキリスト教の印象が濃いので係の方に何故か尋ねると、宗教とは無縁で結婚式が教会式なので
それに合わせたムード作りだそうです。キリストや弟子、マリア等を描いたステンドグラスが見事でした。
館内には販売コーナーがありステンドグラス小物は高価で手が出ませんが、モザイクのミニスタンドなど
手頃な価格なので買ってきました。モザイクライトやそのスタンドなど美しい展示も沢山ありました


ステンドグラスとモザイクライトの写真を合わせて5枚ばかり拡大してみました
下の小画像をクリックすると別窓が開き拡大画像が出ます。再クリックで更に拡大。
窓は右上の×で閉じて下さい

< < < < <


その他美術館内外の画像

美術館敷地北西側に建つ教会



  1. 2013/02/24(日) 19:08:50|
  2. 展示館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<渓流魚の試食会・・・なかがわ水遊園 | ホーム | 電子書籍・・・最近のひとつの傾向>>

コメント

どのステンドグラスも美しいですね

こんにちは
みごとに描かれたステンドグラスはこの時期だけ撮影が許されるのですね
実際は結婚式場だとか~2月に結婚式をされる方が少ないのでしょうね
今、日本では若者が減っていますが、ベトナムでは若い人が多い(子供の数は5~6人が普通)のでどんどん結婚式場が出来ているのですよ
日本の将来は一体どうなることでしょうね。少々心配です

ステンドグラスも素敵ですし、結婚式場も今の若い人は洋風の式が好みなのでしょう。それに合った結婚式場でしょうね
私の家のすぐ近くにも結婚式場があり、何と良く似ていますね
そこも四季折々のお花がとても美しく飾られて、普段は会食などで貸し出ししていますし、レストランもあります。少し高いですが、雰囲気はいいですね

那須の方ではまだまだ雪が積もっているのでしょう
私のところは毎日晴天ではありますが、乾燥しきっていて朝はとても寒いです
お花たちもこの寒さで弱らなければいいが~と思うばかりです

美しいステンドグラスの数々を有難うございました
  1. 2013/02/25(月) 10:22:06 |
  2. URL |
  3. 花ぐるま #-
  4. [ 編集 ]

花ぐるまさんへ

早々のコメントありがとうございます。
寒さは苦手なので冬場は凌ぎ易いこうした場所の記事ばかりです。

この美術館は2度目ですが、ムードたっぷりの場所です。ここを訪れ
ムードに酔わせて結婚式場へと誘う一手段なのでしょうか? 冗談ですが。
最近は式場で式を挙げる若者が減少し、この業界の経営は楽ではないようですね。
結婚式は簡単に、子供はせいぜい1、2人かゼロとは・・・
これでは国が豊かになる筈はありませんね。国も当事者も何を考えているのでしょうか。

ステンドグラスは撮影が難しいです。薄暗いところに窓外の光が射し込むという
条件では
普通のカメラの撮影設定では鮮明な画像は得られません。
なので、もっと沢山撮った筈が半分程度は失敗でした。まだまだ勉強不足です。

那須地域は里のほうでも厳寒続きです。早く暖かな春の陽射しを見たいですね。
  1. 2013/02/25(月) 14:14:10 |
  2. URL |
  3. 松ぼっくり #-
  4. [ 編集 ]

こんばんわ~
ステンドグラスは美しくて、だれしもが見とれてしまいますよね。
オルゴール演奏と素敵な画像がぴったりです。

モザイクスタンド、雰囲気があって一つほしくなります。

結婚式場となってる教会もお洒落ですね。
若い方々には特に喜ばれそうですね。

那須の残雪の多さにも驚きました。
風邪などひかれませんようにご自愛くださいませ。






  1. 2013/02/27(水) 20:55:52 |
  2. URL |
  3. magamik #-
  4. [ 編集 ]

magamik さんへ

コメントありがとうございます。

この美術館は昨年の3月ごろ記事にしましたのでmagamikさんも覚えておられるかもしれません。
今年はすべてのステンドグラスが撮影できたのでかなり違った内容になった筈です。
しかし、もっと沢山撮影したつもりが、PCで確認すると、使える画像が僅なのでガッカリしました。
はり暗と明の入り混じった写真は撮影が難しいです。

この美術館は心休休まる雰囲気に浸かることができるので好きな場所です。
販売コーナーも綺麗で面白い物も沢山あります。
購入してきた色ガラスのアロマオイル用常夜燈は重宝しています。廊下にいい香りが漂っています。
  1. 2013/02/28(木) 15:04:14 |
  2. URL |
  3. 松ぼっくり #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nasunisibori.blog.fc2.com/tb.php/26-e5817c44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

松ぼっくり

Author:松ぼっくり
旅、映画、カメラ、読書が趣味
ソースは「Sakuraの勉強室」からお借りしています

旬の花時計 V2

アシタカさんの作品です

最新記事

最新コメント

リンク

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QR