那須野の旅人

旅の行く手にはどんな世界が待っているのでしょうか・・・

タブレット端末を使ってみて


      Kindle Fire HD (キンドル ファイアー HD)の面白さと不満点
タブレット端末は今や若い世代間での普及率が急増しています。Ipod touchやIpadを初め今回
ボクが購入したKindle FIRE HD等が代表的です。携帯電話もこの機能を備えたものが主流で通
話だけのものは若者間では皆無に近い現状です。新発売のWindows 8 もタブレット機能を備え
たタッチ操作PCになりました。(従来のものと選択可能)
良い事なのかどうかは別として使ってみないことにはお話にならないのでAmazon kindleを購
入し使ってみました。最初、慣れずに戸惑いましたがやっと使いこなせるようになりました。


Kinndleと一部他機種との比較

     Kindleと一部他機種比較

Kindle カバー  操作時、下部が滑りません。Amazonで取り寄せたが到着に時間を要しました

   

Kinndle の7インチ画面は画像などを表示すると非常に綺麗なのに驚きます。 タッチパネルは
汚れや傷が付き易いと思い敬遠しがちでしたが、確かに液晶保護フィルムなしで少し使用した
ので光線の当たり具合で細かい擦り傷が見えますが気になるほどでもなく、 初めてタブレット
を使ったボクにも反応が適度で小気味よい感覚で、 これでは若い方々がのめり込む筈です。
アプリは無料のものと有料のものがありアプリ画面に好みのものを取り込むことができます。


アプリの一覧表示。種類が少ないとの声もあるがボクには今のところ、そうは思えない。

アプリ画面

アプリ集
メニュー欄には9種類の項目があり、その中の「写真」をタッチしてからPC内の画像を
ワンタッチで簡単にKindle内のフォルダに取り込めます。Kindle液晶ではもっと綺麗です

 Kindleゆり 画像

メニューの「ウェブ」を使えばインターネットも見られます。ボクのホームページを下に載せ
ましたが液晶画面からの撮影なのであまり鮮明ではありません。Kindleでは鮮明です。
ブログのほうは横幅の広いテンプレート使用なのでKindleの表示で説明文の行が不自然
になったりしました。幅の狭いテンプレートと小さな画像のブログが多いのもこうした事の
ないようにとの配慮なのでしょうか?とにかくブログでは幅狭のテンプレートが多すぎます
がタブレットなどには向いているようです。ボクも無理に大きくしなくてもいいのかもね。
付け加えるとHTMLソースは反映されません。個別の画像表示(アニメは可)だけです。


       Kindle表示のホームページ

Kinndleに表示されたサイトは液晶からの撮影で写りは良くありません。Kindleでは鮮明です

Kindle表示のマイブログ

不満点
メニューには「ストア」があり「ミュージック」や「本」などが買え、共に洋楽、洋書も含めて無数で
す。「本」では無料で買える書籍がかなりありますが、日本文学のポピュラーなもの1000冊程度
で、それ以外は個別的にそれほど高価ではないにしても次々に買ったら大変です。 所謂電子
書籍?です。 「ミュージック」のほうは、すべて有料で一曲ほぼ500円以下ですが、安いと思い
うっかり買いすぎる仕組みになっている儲け主義で、注意が必要。ただし音質はこの種の機器
としては最高です。

それともう一つ、取扱い説明書がなく、全て自分でネット検索でやらねばなりません。  いくら
ネットの社会で生まれたような製品とはいえ不親切だと思うし、 初期設定も日本語を選択しな
いとすべての表示が英語になります。日本製品で慣れたボクには不満が残りました。


英語版のKindle Kindle HD

   Kindle英語版



  1. 2013/02/11(月) 05:08:08|
  2. 時事あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<モノトーンの世界・・・雪の那須野が原公園 | ホーム | 映画 「ライフ・オブ・パイ」を観て &節分祭>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nasunisibori.blog.fc2.com/tb.php/23-f46e0d1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

松ぼっくり

Author:松ぼっくり
旅、映画、カメラ、読書が趣味
ソースは「Sakuraの勉強室」からお借りしています

旬の花時計 V2

アシタカさんの作品です

最新記事

最新コメント

リンク

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QR