那須野の旅人

旅の行く手にはどんな世界が待っているのでしょうか・・・

江戸東京博物館にて



先日観戦した両国国技館の大相撲の前に 時間があったので 途中退出門から左手甲に蛍光印を押されて隣接の
江戸東京博物館をちょっと覗いてみました。 何年か前もそうでしたが 多くの小・中学生が社会科の勉強のために
訪れていて館内は賑わっていました。内部は幾つかの展示室に分かれていて、江戸ゾーンでは当時の武家や庶民
の生活、商家の様子などの展示が興味深く、明治ゾーンでは鹿鳴館初め文明開化の姿が良く分かる展示になって
います。今回は江戸ゾーンを中心に常設展示室を見て歩きました。その他特別展示室で 「尾張徳川家の至宝展」
があり、江戸ゾーンの 「浮世絵の中の忠臣蔵」 と共に興味深く鑑賞しました。尾張徳川家のほうは撮影が禁止で、
この展示室での画像はGoogle のフリー画像やパンフレットからです




途中のツアーバスと首都高速

途中のツアーバスにて

江戸東京博物館正面


<<<



5階常設展示室(撮影フリー)の様子。画像は抜粋です
画像クリックで12枚あります

<<>
<博物館3階江戸東京広場から両国国技館を望む>



尾張徳川家の至宝展と浮世絵の中の忠臣蔵を一緒に載せました
下のサムネイルにマウスオンです

<
<
表紙説明
< < < < < < < < < <



  1. 2013/02/03(日) 00:11:41|
  2. 展示館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<映画 「ライフ・オブ・パイ」を観て &節分祭 | ホーム | 大相撲初場所観戦>>

コメント

まだ一度も行ってません

こんにちは~
昨日はちょっと暑すぎて、今日は程よい気候でしょうか、でもちょっと風が冷たいですね
大相撲観戦と江戸東京博物館の見学と盛り沢山だったんですね

私はまだこの江戸東京博物館には一度も行ったことがありません
夫が行ったときに概略は聞きましたが、広大な松平家江戸屋敷や
商屋さんの立派な家屋敷、江戸の盛り場など当時をしのばせるものが一杯ですね
浮世絵の越後屋など見ごたえがあります
昨日の新聞にも掲載されていた越後屋は世界初の量販店だったんですね~
私の母はそこで少しだけ働いていたと言ってました
売り子のさきがけだったんだなあと思いましたよ

忠臣蔵の討ち入りなどの浮世絵は興味深く見せていただきました
機会があれば一度訪れてみたいところです
有難うございました
  1. 2013/02/03(日) 12:45:22 |
  2. URL |
  3. 花ぐるま #-
  4. [ 編集 ]

花ぐるまさんへ

コメントいつもありがとうございます。

大相撲は正直言ってよほどの贔屓でもない限り午後2時頃までは観戦するほどでもなく
暇を持て余すのも勿体ないないので隣接の博物館に一時外出しました。

こうした記事はただ撮っただけとはいえ結構面倒で、ただ画像を載せただけでは
自分を初めご覧下さった方もサッパリ分からないと思い説明を付けると
これが又、厄介でメモが鮮明でないと何が何やら分からなくなります。

徳川御三家筆頭の尾張藩はやはり見応えのあるお宝を伝えています。
将軍吉宗の代には運命のいたずらで将軍の座が逃げてしまったとはいえ
財力なども御三家トップなのが良く伝わってきました。

浮世絵は北斎、歌麿を中心に聞いたこともない画人の絵がありましたが
皆、素晴らしと思いました。ここは広いギャラリーがあるので花ぐるまさんのように
絵を趣味になさっている方には一日居ても飽く事はないでしょう。
  1. 2013/02/03(日) 23:46:17 |
  2. URL |
  3. 松ぼっくり #-
  4. [ 編集 ]

お早うございます。

両国国技館の隣に江戸東京博物館があるんですか?

以前に大相撲観戦の折りに、見ればよかったわ!
江戸時代の呉服問屋、越後屋の隆盛を誇った浮世絵等、
興味深い展示物がたくさんあるんですね。
  1. 2013/02/04(月) 10:40:51 |
  2. URL |
  3. koyuko #UoJDqtOY
  4. [ 編集 ]

koyuko さんへ

コメントありがとうございます。

この記事は他の興味ある事をやっていて、真夜中に更新したので、未完成の
箇所があり失礼しました。やはり寝ぼけ眼ではろくな事はありませんね。

この博物館は規模も内容も凄いです。一日ゆっくり観ないと本当の良さは
分からないかもしれません。展示物の多様さに驚きです。
江戸ゾーンも良いすが、載せなかった明治の鹿鳴館の様子なども素晴らしいです。
  1. 2013/02/05(火) 01:59:07 |
  2. URL |
  3. 松ぼっくり #-
  4. [ 編集 ]

江戸東京博物館

こんばんわ~
左手甲に蛍光印を押されてお隣りへのお出かけですか。
私も京都水族館で再入場をお願いしましたら同じように蛍光印を押されました。

歴史が苦手な私でもこのような物をみせていただくと俄然興味がわきます。

神田明神の御神輿は今も残っておりますよね。
吉原の芸者、「おいらん」の世界も知りたくなります。

唐物茶壷、初音蒔絵貝桶千代姫などは現物を見てみたいものです。

今年のNHK大河ドラマ「八重の桜」を楽しんでいます。

良いものをみせてくださり、ありがとうございました。

  1. 2013/02/06(水) 21:58:46 |
  2. URL |
  3. magamik #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nasunisibori.blog.fc2.com/tb.php/22-a8932a7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

松ぼっくり

Author:松ぼっくり
旅、映画、カメラ、読書が趣味
ソースは「Sakuraの勉強室」からお借りしています

旬の花時計 V2

アシタカさんの作品です

最新記事

最新コメント

リンク

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QR