那須野の旅人

旅の行く手にはどんな世界が待っているのでしょうか・・・

おもしろ魚館・・・冬のなかがわ水遊園



熱帯温室もそうですが、冬場訪れるには最高の湿潤環境にあるのが県営なかがわ水遊園の
「おもしろ魚館」 です。  ここのアマゾンコーナーには 世界最大級のピラルクーが泳ぐ水槽や
県内河川、湖沼等の淡水魚が網羅された多くの水槽があり、いつ来ても飽く事がありません


水遊園おもしろ魚館


おもしろ魚館内の色々なコーナーの幾つか
特設会場ライトアクアリオ
画像マウスオン・アウトで3枚です




アマゾン水槽の巨大魚ピラルクー (詳しくは動画をご覧ください)
画像マウスオン・アウトで2枚です




その他アマゾン水槽の魚一部
画像マウスオン・アウトで2枚です





アマゾンの自然環境コーナー  (アマゾン水槽上部)
下側の画像にマウスオンです

アマゾン川流域の花・植物などの一部が季節毎に見られます

熱帯の花木が季節ごとに見られる



地階イワナのコーナーを動画にしました




アマゾン水槽の魚たちのお食事タイム(午後2時30分)






  1. 2013/01/18(金) 18:27:34|
  2. 展示館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<世界有名建築物ライトアップ・・・大特急の世界旅行 | ホーム | 洋ランの季節・・・愛好者の展示会>>

コメント

楽しめそうですね

お早うございます
毎日こんなに寒いと、こういった館内の施設は助かりますね
私は今まであまりこういう施設に入ったことがありませんが~
今回このように見せていただいて、次回には行ってみようと思いました

おもしろ魚館内のクリスタルグランドピアノやイルミネがとても綺麗ですね~
クズマニアヤチランジアなどお魚ばかりではなくお花も色々咲いているんですね

温室に入ると突然レンズが曇ったりしませんでしたか?
私はいつもそういう経験をしています

幻の魚、といわれているイワナの生態が良く分かりますね
あんなに急な水の流れの中で泳ぐんですね~

アマゾン水槽の中でお食事中のピラルクーやナマズなど等楽しく見せていただきました
南房総に有るこういう施設に入ったことがありますが、そこは海中公園なので
餌をあげると海にいる魚が集まってきてくれます
餌をあげるときが一番魚をより詳しく見ることが出来るのですね
有難うございました
  1. 2013/01/19(土) 07:35:50 |
  2. URL |
  3. 花ぐるま #-
  4. [ 編集 ]

花ぐるまさんへ

コメントありがとうございます。
お忙しい花ぐるまさんですので、ご丁寧なコメントをいただくのも有難く又、恐縮です。
簡単になさって下さい。ボクなど暇でコメント返しも少ないので長くしていますが・・

ボクもこうした施設に通うのは主に寒い時季だけで、暖かくなれば野外ヶ何よりです。
イワナなどは谷川の急な流れが落ち込み淵を作っているような処が好きです。
シーズンには天然のイワナの棲息場所を知っているので、釣って食べているボクは
こうしたイワナの様子を観察すると複雑な気持ちに捉われます。情が出くると
釣りも釣果が格段に落ちるとなにかで読みましたが・・・

この水遊園の淡水魚コーナーは海浜の大型水族館と比べれば規模は小さいですが
淡水魚の種類やアマゾン川流域の魚等ユニークな水槽があって楽しめます。
千葉の海水魚の水族館のほうは餌やりなど海と直結しているので面白いでしょうね。

アマゾン水槽の上部にあるアマゾン地上部を模したコーナーも、適度な湿度で
冬の訪れにはホットする空間ですね。カメラは少しの間バックに入れたまま
その場の温度に馴染ませてから撮影すればほぼレンズが曇ることはありません。
温度に慣ららさないで急に暖かな場所でカメラを取り出すとレンズが曇るだけでなく
内部機構にも水滴が生じ良くありません。一眼では水滴防止機構付もあります。

  1. 2013/01/19(土) 13:43:13 |
  2. URL |
  3. 松ぼっくり #-
  4. [ 編集 ]

おもしろ魚館

こんばんわ~
水族館もずいぶん進歩してると思いました。
日本にいながらアマゾンの巨大な魚が見られるのですから~。
関西では滋賀県の琵琶湖につくられております。
ピラルクー見た記憶があります。

イワナが幻の魚になっているとは知りませんでした。
環境が悪くなっているということですよね。

動画でみせていただくと臨場感もあり、素晴らしいですね~!
上手に撮影されてますから、お食事のシーンもよくわかりました。

ライトアクアリア、クリスタルのグランドピアノ、凄いですね!
熱帯の植物たちも、この季節には寒さを忘れさせてくれ、嬉しくなります。

楽しくみせていただきました~。
ありがとうございました。







  1. 2013/01/24(木) 22:03:14 |
  2. URL |
  3. magamik #-
  4. [ 編集 ]

magamikさんへ

いつもながら2記事へのコメント恐縮です。色々お忙しいのに気をお遣いにならないでください。

冬場はありがたい場所でよく出かけます。「アマゾン川の潜水艦ピラルクー」と題した数年前の動画は
6000回以上の再生が記録されています。初めての人には珍しいのですね。
滋賀県にもアマゾン水槽があるんですね。最近は水族館も技術の進歩が著しいですね。
ここはチューブ式トンネルになっていて360°で魚を観察できます。

イワナはボクにとっては幻ではなく、天然イワナの棲む渓を知っているので釣って食べています。
ちょっと複雑な気分になりますが、彼らは生命力が強く、渓にわずかな水があれば
川底で何年も生きいられるようです。そうして種を絶やさずに生きてきました。
本当は食べるべきではないのかもしれません。今は料亭用に養殖が盛んです。

クリスタルグランドピアノは綺麗でした。自動演奏が行われていました。
アマゾンの環境を再現した地上部も熱帯樹や花などあって楽しい空間です。

  1. 2013/01/25(金) 01:12:16 |
  2. URL |
  3. 松ぼっくり #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nasunisibori.blog.fc2.com/tb.php/18-a4e165db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

松ぼっくり

Author:松ぼっくり
旅、映画、カメラ、読書が趣味
ソースは「Sakuraの勉強室」からお借りしています

旬の花時計 V2

アシタカさんの作品です

最新記事

最新コメント

リンク

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QR