那須野の旅人

旅の行く手にはどんな世界が待っているのでしょうか・・・

袋田の滝 in Autumn


日本3名瀑(華厳の滝、袋田の滝、那智の滝)はいずれも素晴らしい滝ですが、その中の一つ
袋田の滝は日光の華厳の滝に劣らない人気があります。特にこの時期は第二観瀑台から見る
紅葉と滝のコラボ、滝上の遊歩道と滝上にかけての楓類の美しさは抜群で、たいへんな人混み
になります。先日の金曜日に訪れると平日なのに次から次へと観光客がやってきました





中高年の男女グループが 混み合っている第二観瀑台を占領するように記念写真を撮っていたり
人気スポットが撮れる最前列の手すりからなかなか離れない人などそれぞれ滝の景観を楽しんで
いたりと熱気が伝わります。下の写真はようやく順番で撮れた滝の上方と紅葉のコラボです

               第二観瀑台にて。コンデジのワイドで撮りました
第二観瀑台から

                  幻想的に撮った滝と上段のみの景観
                       オンマウスで2枚です
<


         ひとつの滝なのでそう多くの写真は撮れませんが色々の角度や趣向で
         撮ってみました。下は一番上の第三観瀑台から見た滝のほぼ全容

       滝の上から下へ

              一番上の第三観瀑台右端からコンデジワイドで撮る
              この観瀑台からは第二観瀑台の楓の紅葉は入らない

最上段&二段目

                    楓にピントを合わせるとこうなる
      楓にピントを合わせた

       吊り橋付近から撮った滝最下段と逆光を補正しなかった第二展望台からの楓
最下段の滝と楓の逆光

       掲載残りですが別窓に大きな画像が出ます
        クリックでwidth=1000 の画像が出ます。右上の×で閉じてください
        反応が遅い場合はもう一度クリックしてください
       <                                          <
           揺れる吊り橋上から撮る              滝の岩肌

              袋田の滝を演出する川の名前は滝川 といいます。
              滝下から流れ下る滝川の淵に映りしものは抽象画のようなイメージ

映りしもの


◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

挿入記事
高倉健さんが亡くなりました。
テレビ朝日の朝のニュース番組などではキャスターやコメンター全てが喪服を着ていました。
葬儀前からのこうした姿は初めて見ましたが、テレビ朝日以外は各局とも平服でした。無口で頼り
がいのある人物像を演じれば存在感は誰にも負けないタフガイでしたがよる年波には勝てず83歳
ではまだ若すぎると言う声もある中、永眠されたのですね。
多くの出演作の中でも印象に残っているのは、なんといっても「幸せの黄色いハンカチ」でした。
他では西村寿行原作の「君よ憤怒の河を渡れ」でした。 初期はヤクザ路線や活劇ものが多いが
歳をふるに従い重厚な人間ドラマに冴えを発揮していました。 映画界の宝が又一つ消えました。
ご冥福をお祈りします。

  1. 2014/11/19(水) 19:30:41|
  2. 小さな旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<夕日に輝く・・・那須野が原公園のモミジ | ホーム | 2014年秋ミステリーツアー>>

コメント

どの写真も素晴らしいです

こんにちは
今週は今日だけ買い物以外に出ることはありませんが~忙しい毎日です

私も袋田の滝は華厳の滝より素晴らしいと思います
過去何度行ったことでしょうか~
真冬の凍結した滝を見たくて家から行ったことがありました
結構人も多いのですよね。この季節はこんにゃく玉が売っていて家でこんにゃくを作ったこともありました

そして一昨年でしょうか、秋に行った時は第二観瀑台に三脚の人が一番前にすらーっと占拠していたのには驚きました
でも、よく見ると太陽がある一点を照らす角度があって、そのタイミングを待っていたんでしょうね
写真を趣味とする人はじっと待ちの姿勢ですよね
大変だなあと思いました

今回、松ぼっくりさんの写真で「光と影」がとても素敵です
そして滝全体を縦に大きく撮られた写真も好きです
滝の前の紅葉がとてもいい色をしていて、バッチリですね

そして観瀑台で見ている人の写真もまた素敵でした
小さな写真をクリックしてみると大きな滝が現れました。大迫力ですね

水面に映った紅葉もまた面白いですね、。絵画を見ているようです
色々な角度の写真を有難うございました
  1. 2014/11/20(木) 13:23:21 |
  2. URL |
  3. 花ぐるま #-
  4. [ 編集 ]

花ぐるまさん

ご丁寧なコメントありがとうございます。
お忙しいとお察ししますので、これからは何か一つ
気ずいた事項にのみご感想をお寄せください。

今回はあまりにも天気が良すぎて滝の暗さと周囲の風景との
明暗の差が大き過ぎ思ったより撮影が難しかったです。

コンデジはワイド用に、手ぶれ防止機能の付いた一眼カメラの
レンズは望遠撮影に使いましたが人の頭ばかりが邪魔になって
正直うんざりでした。手ぶれ機能がコンデジ一眼共にあるので
三脚は必要ないので最初から持参しませんでした。

3年くらい前にボクも凍結した袋田の滝を撮りに行きました。
ライトアップで幽玄な写真は何枚か撮れましが
寒いのなんの手が悴んでシャッターを押すのにも苦労しました。
  1. 2014/11/21(金) 00:12:12 |
  2. URL |
  3. 松ぼっくり #-
  4. [ 編集 ]

工夫を凝らせて・・・

松ぼっくりさん!
こんにちわ~

袋田の滝、大迫力ですね!!
一つの滝を角度を変えて撮影してみたり、
技法をかえて撮影したりと色々工夫されているのを楽しく、
そして感心しながら見せていただきました。

一番のお気に入り、トップの画像です。
人々が偉大な滝をみいっておられる後ろ姿がいいですね、
まるで映画のワンシーンを見ているようです。

最後の画像、本当に抽象画をみるように綺麗です。

カメラの面白さを味わわせていただきました。

高倉健さん、亡くなられましたね。「幸せの黄色いハンカチ」
もう一度観たいです。また「あなたへ」もみてみたいですね。
ご冥福をお祈りいたします。


  1. 2014/11/21(金) 13:31:52 |
  2. URL |
  3. magamik #-
  4. [ 編集 ]

magamik さん

細部に渡ってのコメントありがとうございます。

たったひとつの滝を記事にするのは意外と難しいですね。
ここでは初めての経験ではありませんが、自分なりに
前回と違う趣向でアップしようとの思惑があるからです。

モミジの紅葉はその地ならではの華やかさを見せていますね。
この時期の袋田の滝はモミジとのコラボレーションの美しさが特徴で
その撮影スポットは容易に空くことがありませんでした。
撮影の順番待ちなどしたくありませんが、自然そうなりました。

トップの画像はボクも好きです。滝に到着し長いトンネルを歩いて
最初に目に入った風景でした。観客のシルエットが印象的でした。

遺作となった高倉健主演の「あなたへ」は一昨年公開でしたね。
人と人とのつながりの大切さを示唆してくれる感動作でした。
  1. 2014/11/21(金) 18:41:21 |
  2. URL |
  3. 松ぼっくり #-
  4. [ 編集 ]

滝と紅葉のコラボ、素晴らしい!
あいかわらずアクティブに出かけられてるようですね^^
今は平日でも人気スポットはかなり混雑していますよね;;
先月、袋田の滝に程近い?竜神大橋に行ったのですが、昨今CMに出てきたり、マスコミに採り上げられる機会が多い、話題のバンジージャンプをやっていました!その体験料金、いくらだと思います?いくらならみんなチャレンジすると思います?それがけっこうな大金なんですが、私たちが見ているわずかな間だけでも、結構ひっきりなしにチャレンジする人たちがいて驚きました。(アベノミクスで潤っている人も世の中にはいるということなのかしら^^;;;なんて)
かなり冷え込み厳しくなってきていますので、体調にご配慮され、ご夫婦仲良くお過ごしくださいね。
  1. 2014/11/24(月) 00:06:29 |
  2. URL |
  3. ゆみぞう #-
  4. [ 編集 ]

ゆみぞうさん

久しぶりに頂いたコメントですね。ありがとう。

あまりアクティブでもないのですがブログの種も尽きたので
気分転換に出かけました。袋田の滝は異常と言っていよい混雑でした。

龍神大橋へ行ったのですね。袋田の滝からは20km以上も離れていますよ。
そっちの紅葉の様子には触れていなくて
パンジージャンプに興味をそそられたようですね。
14,000円はちょっと高いと思いますね。ほんの一瞬のスリルを味わうだけで・・・

アベノミクスで潤っているのはひと握りの一流企業の人たちですが
潤っていない人でもスリルを味わいたいだけでなく
仲間に自慢したいのでしょう。そういう人にとってはは14,000円程度は
何ら高いと思わないのでしょう。経済的感覚も薄い若者なのでしょうね。

三連休中はPCを使用する人が多いのかサイトによってはよく動きませんね。
64ビットで容量もたっぷりの21インチPCもお手上げ状態でした。
Youtubeなど無料映画はアップする人が多いらしく、途中で映像が停まったり
コマギレ進行になっていました。観るのを止めてしまいましたが。
  1. 2014/11/24(月) 17:10:45 |
  2. URL |
  3. 松ぼっくり #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nasunisibori.blog.fc2.com/tb.php/123-ebd3d346
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

松ぼっくり

Author:松ぼっくり
旅、映画、カメラ、読書が趣味
ソースは「Sakuraの勉強室」からお借りしています

旬の花時計 V2

アシタカさんの作品です

最新記事

最新コメント

リンク

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QR