那須野の旅人

旅の行く手にはどんな世界が待っているのでしょうか・・・

紅葉はまだ先・・・那須野が原公園


  那須でも茶臼岳山頂付近では紅葉も既に終わっているが山麓から20kmも離れた那須野が原
  公園付近では11月中旬にならないと盛期にはならない。
  先日の土曜日はこれ以上ない晴天に誘われ電動バイクで訪れた。各種イベントで賑やかだった


                     下の小画像にマウスオンです <
<
表紙説明
< < < < < < <



  今年は夏場の天候不順のせいで山の樹木の実は凶作になった。 困ったのはクマさんたちで
  エサを求めて里に出没。月の輪グマはヒグマに比べると肉食に頼らなくてもよいので、 農作物
  を荒らしたり牛舎のミックス飼料の味を覚えては毎夜のように牧場に現れたりしている。
  山にどんぐりの実などが豊富なら上手に人間と共存できるのに射殺されたりと気の毒ではある。


月の輪グマ子連れにばったり遭遇でもしなければクマの方から滅多に人を襲うことがないと言われている月の輪熊。羆とは違って臆病の筈だが、 天候不順で山にエサが不足すると里に降りてきて人間とのトラブルになる。 今年はそうした年で各地で熊が出没しエサ欲しさに凶暴になっているので山歩きは要注意だ。
クマ避けの鈴などが効果的というが空きっ腹にはどうか。


落ち葉の積もった登山道と射殺された月の輪グマ
寂しい登山道


@ @ @ @ @ @ @ @ @ @ @ @ @ @ @ @ @ @ @ @ @ @ @ @ @ @ @ @ @ @ @

                    今、世界が恐れるもの
  エボラ出血熱
  エボラウィルス内部構造  このグロテスクな姿。アメリカ、スペインにも感染者が出てパニック
  になっている感がする。空気伝染はしないので患者の体液に絶対触れない事がかんじんだ
  エボラウィルス

  イスラム国の波紋
  比較的安全かと思っていたカナダでも関連した事件が勃発。これでは世界中が不安に
  なるのも当然だ。今のところスイスや日本が安全のようだが、何が起こるかわからない。
  アメリカはイスラム国空爆にF22という最新のハイテク機を投入しているが、  空爆など
  では到底根絶やしにはできないと言われている。地上戦に突入する公算が強い。
               F22最新鋭ハイテク戦闘機
  1. 2014/10/28(火) 01:29:28|
  2. 風景
  3. | コメント:4
<<大曲の紅葉 | ホーム | 御獄山噴火後の木曽王滝村他>>

コメント

紅葉

こんばんわ~

那須ではすそ野の方も紅葉真っ盛りだと思っていましたので意外でした~。
こちらよりほんの少し早い感じです。

夏の天候不順がクマの餌不足につながっているとは気が付きませんでしたね。
登山者やキノコ採りの方々が被害にあわないことを願うのみです。
クマにとっては少々気の毒な気もしますが・・・

エボラ出血熱はとても怖い病気だそうですが、
ついに日本にもやってきたようですよ。
感染を免れるには、手洗いとうがいでしょうか?
水際作戦が最重要になりますよね。
発病してない感染者がどこにいるのかわからないので外出も怖くなります。

イスラム国の問題はマスマス深刻になってきました。
彼らはネットで若者たちを集めたり、連絡しあっているようですから昔と違い根絶は難しいでしょうね。

何が起こるかわからない昨今、日々を大切に生きていきたいと思います。
松ぼっくりさんもご自愛くださいね。










  1. 2014/10/28(火) 20:34:45 |
  2. URL |
  3. magamik #-
  4. [ 編集 ]

熊さんも くまった~

 こんにちは 誠に過ごしやすい天候が続き、今年の紅葉もだんだん里に下りてきて例年より少し早いですね
熊さんの餌になる実が極端に少ないそうで熊さんもくまった~って言っているようですね
私が行った八海山でも登山者が何度か熊を目撃しているそうです
ツキノワグマは北海道のヒグマより大人しいそうですが、人間との共存もできるので、射殺されるのは気の毒ですね
尾瀬には50頭位の熊が生存していて、国立公園内では射殺できないので熊を空気銃で眠らせて印をつけて外に出た段階で射殺しているそうです
国立公園はそういう方法しかないのでしょうか~
牛舎の飼料の味を覚えたりしてしまうと牛さんを襲うことだってありうるでしょうし、第一牧場の方は危険ですね

エボラ出血熱は恐ろしい病気で、汗や唾でも感染するそうなので大変ですね
医療従事者が感染したりするのもお気の毒です

日本にも居ましたね~イスラム国に参戦して活動すしたいと言う変な思想を持った人が~

世界はめまぐるしく変わっていて、それに対応していくのも大変です
私の目の黒い間は戦いが起こらないように~と願いたいです
  1. 2014/10/29(水) 11:54:18 |
  2. URL |
  3. 花ぐるま #-
  4. [ 編集 ]

magamik さん

ここ2日ばかり朝夕の冷え込みは暖房が必要になりました。

京都はこちら以上に昼と夜との寒暖差が大きいはずです。
そのため、紅葉の鮮やかさが際立っているようですね。
同じように自然と植物の関係は密接で、夏場の天候が
山の木の実などにに大きく関係しているのは常識になっています。

北海道のみに生息するヒグマは肉食で、山奥や海岸の渓流に
遡上する鮭類を捕食できるのですが、それでも年によっては
鮭の遡上が少なく、エサ不足になって人里に出没しては
人間を襲ったり、小動物に被害を与える事がよく報道されています。
本州に生息している月の輪熊は本来は大人しい性格なのですが
餌不足で人里に降りてきて畑や牧場の飼料を荒らしたりしますね。
山の自然は天災と人災の両方だと思いますが・・・・

今回のエボラ出血熱の日本での感染者騒ぎは白でした。
検疫での結果は陽性でしたが、発症が2週間も期間があるので
細心の注意を払っているようです。このくらい厳重なら
日本人は清潔な国民性でもありエボラに関しては大丈夫でしょう。

イスラム国問題は日本でも安心はできませんね。
先ごろの北大生のように事前に発覚するとは限らず
巧妙な彼らの勧誘が更に進化する可能性もありますね。

コメントいつもありがとうございます。
  1. 2014/10/29(水) 12:18:56 |
  2. URL |
  3. 松ぼっくり #-
  4. [ 編集 ]

花ぐるまさん

取るに足りないメイン記事なので挿入記事への
コメントありがとうございます。

月の輪熊は昔から人間と共存していて里へ姿を見せることは
滅多にはありませんでした。それがいつの頃からか
自然破壊で山林が減少し、加えて夏場の天候が不順だった年には
木の実が十分に実を付ける事ができず餌不足になりますね。
先日のニュースで牧場の牛の餌が荒らされたとのことですが
美味しい混合餌の味を覚えても、月の輪熊は牛を襲うという
習性はありません。北海道のヒグマのような肉食ではないので。

エボラにしろイスラム国問題にしろ世界を不安にさせる事が多いですね。
安全かと思っていたカナダでも事件が起こって驚いています。
  1. 2014/10/29(水) 13:14:16 |
  2. URL |
  3. 松ぼっくり #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

松ぼっくり

Author:松ぼっくり
旅、映画、カメラ、読書が趣味
ソースは「Sakuraの勉強室」からお借りしています

旬の花時計 V2

アシタカさんの作品です

最新記事

最新コメント

リンク

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QR