那須野の旅人

旅の行く手にはどんな世界が待っているのでしょうか・・・

文学歴史散歩・・・埼玉県行田市



市図書館の企画で忍城や古墳群など探訪
お堅い記事で失礼します。苦手な方は文章の長い箇所は飛ばすか斜めに読んでください

途中、鬼平江戸処(羽生PA)で休憩
丁度梅雨入りしたばかりで朝から雨模様になってしまった。東北道上り線2回目の休憩は羽生PAだった。
やはり以前ここに立ち寄った方のコメントで呆れかえった旨が記載されていたが、その通りだと思う。
お店の方に何故ここが鬼平江戸処なのかと問いただすと、パンフレットを見て下さいというので確認すると
羽生の隣町の栗橋は江戸時代「栗橋関所」なるものがあり当時の要所日光街道にもあたることから鉄砲
の流入や出女(外様大名の妻女等の出国)を取り締まっていて、江戸の入り口に当たるからだと言う。


長谷川平蔵は盗賊たちに鬼平と恐れられていたらしいが…
鬼の平蔵こと鬼平は池波正太郎の時代小説『鬼平犯科帳』の主人公長谷川平蔵のことで江戸の火付け
盗賊改め方、現在で言うなら警視庁捜査一課のひとつの部署の長官だが、小説上の人物と思っていたら
江戸時代後期に実在していたようだ。盗賊などに恐れられた人物らしいが羽生との関連は理解しがたい。


命を託したバス

鬼平江戸処

鬼平(長谷川平蔵)と羽生・栗橋との強引な結び付きに納得する人は何人いるだろうか?
もっとも鬼平の名前に対する知識は実在したとしても映画や小説に親しまない方には疎いだろう


鬼平江戸処内部

その後小雨の中を埼玉県行田市忍城址と郷土博物館へ直行
短い休憩のあと東北道を少し走り、次のICで一般道路に入ると間もなく目的地の行田市街である

忍城本丸土塁跡(駐車場から郷土博物館へ向かう途中にある)
この土塁は当時のままのものであるが本丸には最初から城はなく小さな櫓(後掲)があっただけで
現在は行田市郷土博物館となっている。

忍1

行田市郷土博物館
本丸跡(現郷土博物館)にある復元された御三階櫓
この櫓はいったん郷土博物館(有料)に入ってからでないと見られない。
忍城は1400年代後半に地元の豪族成田氏により築かれた平城で、 周囲は広い湿地帯のため何度か
攻められたが落城せず、 戦国時代小田原の北条氏の傘下になった頃秀吉の北条征伐に伴い忍城も
落とす必要があると見た秀吉は石田三成に忍城攻撃を命じた。
ところが忍城警護の数倍もの軍勢で攻めたてるがことごとく敗退。そこで石田三成は最後の手段として
利根川と荒川を堰き止め忍城へ流入する小河川を溢れさせた。 そもそも湿地帯に築かれた城なので
無事であろうはずもなく城の周りは大きな沼のようになってしまった。多大な被害を受けたにも関わらず
依然として抵抗が続いた。 おりしも小田原の北条氏が秀吉に滅ぼされて忍城を攻める意味がなくなり
三成の訪城により好条件の無血開城となった。結局落城はしなかったのである。

江戸時代は徳川の持ち城となり寛永16年(1639)に幕府の老中であった阿部忠秋が城主となると、忍城
と城下町の整備が行われた。元禄7年(1694)、孫の阿部正武の時代に十万石となり、 元禄15年(1702)
に御三階櫓が建てられた。その後明治維新になると新政府によって取り壊され廃城になる。 現在郷土
博物館の御三階櫓は博物館の一部として昭和24年に復元された。最上階は展望台になっている。


忍城址本丸跡復元櫓
ご多分に漏れず博物館内は撮影禁止で展示物の画像はありません

この後鰻料理屋で昼食、バスで15分程移動して埼玉県立さきたま遺跡の博物館へ
古くはこの辺り一帯はさきた村でそれが現在の埼玉県の名の起源だという

さきたま史跡の博物館

当然この博物館も内部の撮影は禁止。展示物で一際目を引いたのは国宝の金錯名鉄剣
6世紀の豪族の墳墓稲荷山古墳から出土したもので両刃の剣である。
最初は錆で覆われていたが錆を取ると剣の表裏に文字が刻まれていた。当時の日本は
古墳時代から飛鳥時代への過渡期でまだ独自の文字はなく、 この銘文は勿論漢字で
ある。6世紀後半すでにさきたまにまで中央の政権が及んでいたことを実証する資料という。

両刃の剣は奈良時代以降は散見せず、飛鳥時代以前の戦ではこのような剣を使い切ると
いうより突き、刺すという戦い方をしていたのであろうか。大陸から伝来したものに相違ない。

国宝金錯銘鉄剣

銘の原文は(表)
辛亥年七月中記、乎獲居臣、上祖名意富比垝、其児多加利足尼、其児名弖已加利獲居、
其児名多加披次獲居、其児名多沙鬼獲居、其児名半弖比、
(裏)、
其児名加差披余、其児名乎獲居臣、世々為杖刀人首、奉事来至今、獲加多支鹵大王寺、
在斯鬼宮時、吾左治天下、令作此百練利刀、記吾奉事根原也


解釈すると
「辛亥の年七月中、記す。ヲワケの臣。上祖、名はオホヒコ。其の児、(名は)タカリのスクネ。
其の児、名はテヨカリワケ。其の児、名はタカヒ(ハ)シワケ。其の児、名はタサキワケ。其の
児、名はハテヒ。(表) 其の児、名はカサヒ(ハ)ヨ。其の児、名はヲワケの臣。世々、杖刀人
の首と為り、奉事し来り今に至る。ワカタケ(キ)ル(ロ)の大王の寺、シキの宮に在る時、吾、
天下を左治し、此の百練の利刀を作らしめ、吾が奉事の根原を記す也。(裏)」

※ 剣の画像はgoogleフリー画像、剣の銘文はネット百科事典Wikipediaによります。

止む兆しも見えない雨の中さきたま古墳群の景観を目の辺りにする

さきたま古墳群は入口

古墳群には
稲荷山古墳、丸墓山古墳、二子山古墳、将軍山古墳、瓦塚古墳、 鉄砲山古墳
奥の山古墳、中の山古墳 、愛宕山古墳   があり広大な面積で短時間では到底回れない。
古墳群の中で最も出土品が多い稲荷山古墳は山にも登ることが出来、内部も公開している。


丸墓山古墳

丸墓山古墳より稲荷山古墳を望む

一時雨が強くなって傘も邪魔だし時間にも制限があったので稲荷山古墳の内部は見ることが
できませんでした。それにしても一日中降り止まない雨には辟易しました。



  1. 2014/06/17(火) 23:48:45|
  2. 旅行・イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<白い花の咲く頃 | ホーム | 2014年6月日光上三依水生植物園>>

コメント

・・・でしょう

市の図書館の企画でこんな催しがあったんですね
羽生PA、私も行ってびっくりしました
パーキングエリアというものはそもそも、車で来た人がやれやれと~お休みする場所。
それなのでここはどうでしょう凝りに凝り過ぎて~やり過ぎの感がありました
私は何かちょっとした食べ物を探してもなかなか見つかりませんでした
夕方だったのでお腹の足しに~と思ったのです

博物館や古墳群まであるんですね
最近の古墳群、我が家の近くにもありますが、古墳をあまりきれいにしてしまうと~その感じがなくなってしまいますね
奈良の石舞台も昔行った時の方が古墳らしくてよかったと思います

私の近くの古墳はもう少し自然がいっぱいでお勧めです
それは「房総風土記の丘」です
この羽生PAは何方の企画かは知りませんが~ちょっとSAらしくないところが
何とも~って感じがしましたね
大体日本の美術館も博物館も撮影禁止が多いですが、ヨーロッパでは大体がOKで、フラッシュだけはNOです

パソコンの件ですが、私の所もシャットダウンしてからいろいろと勝手に入ってきますね
仕方ないことですが、邪魔になることさえあります

今回、少し雨模様でちょっと残念ではありましたね
  1. 2014/06/18(水) 09:24:32 |
  2. URL |
  3. 花ぐるま #-
  4. [ 編集 ]

花ぐるまさん

飛ばし読みをされたせいか誤解があるようです。
羽生PAはトイレ休憩で立ち寄っただけで、そこに博物館や古墳群はありません。
鬼平江戸処は全く問題外で途中立ち寄りの行き掛かり上載せたものです。
目的地の博物館や忍城はこの先の行田市なんですよ。古墳群も半端ではなく全部で
記事に書いたように9ヶ所もあり記事に載せたのはほんの一部で最もポピュラーなものです。
もっと自然な古墳もあるようですが雨が降っている上広大なので回り切れませんでした。

千葉にも当然古墳はあるでしょうが、ボクは別に古墳が好きなわけではありません。
図書館の企画ツアーに参加しただけのことです。目的は映画で見た「のぼうの城」忍城跡でした。

千葉も埼玉も平野部の風景が単調で面白味がないので、埼玉なら狭山付近、千葉なら
やはり海岸地方に魅力を感じます。次は花の記事他にします。
  1. 2014/06/18(水) 19:11:47 |
  2. URL |
  3. 松ぼっくり #-
  4. [ 編集 ]

こんばんわ~
読書好き、歴史好きの松ぼっくりさん、数回読ませてもらいました。

池波正太郎の「鬼平犯科帳」を読んだり見たりされてる方には、
鬼平が架空の人物であることはすぐに理解されたでしょうね。
私も知ってはいましたが見ても読んでもないのですよ、松ぼっくりさんの
おかげで興味が湧いてきました。
高瀬川も青空文庫で読み、ストーリーを思い出しました。

忍城の事は恥ずかしながら知りませんでした。
平城で湿地帯に造られたのは凄い知恵だなと思いました。
光成にしても落城できなかったのですから、相当に
攻めにくいお城だったようですね。
ここでも秀吉の力量を知ることが出来ました。
それにしましても、お城は美しいですね。
天守や櫓はもちろんですが、石垣にも惹き付けられます。


埼玉古墳群はスケールが凄いですね。
これだけまとまっているところは数少ないのでは・・・
高槻にもありましたが郡にはなっていませんでしたから。
稲荷山古墳は登って内部も公開されてるのに雨のため
見られなくて残念でしたね。

図書館がこのような企画をしてくださるなんて、嬉しいことですね。

居ながらにして学べました!
ありがとうございました。












  1. 2014/06/19(木) 23:06:27 |
  2. URL |
  3. magamik #-
  4. [ 編集 ]

magamikさん

長たらしい記事にご丁寧にお付き合い頂きありがとうございます。

鬼平江戸処に関しては途中立ち寄っただけでこの記事のメインではないのですが
ある方にはこれ以外読んでいただけなかったようです。無理もないと思います。

昔、埼玉県はさきたま村だったらしいですね。6世紀ごろの古墳が多い事から
古くからの文化があり集落が発達していたようです。
出土品の国宝金錯銘鉄剣はボクには一番興味のある出土品でした。日本には珍しい
両刃の剣ですから、日本刀のように斬るだけの物ではなく、突いたり刺したりするもので
当時の戦の様子が伺えますね。博物館の学芸員も説明に熱が入っていました。

古墳は考えてみるとお墓ですからボクは古墳自体はそんなに好きではありません。
お墓は何年くらい経ったら、又どのような基準で掘り起こしていいものなのか
今度調べてみたいと思います。
  1. 2014/06/20(金) 13:35:08 |
  2. URL |
  3. 松ぼっくり #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nasunisibori.blog.fc2.com/tb.php/101-49ccd6e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

松ぼっくり

Author:松ぼっくり
旅、映画、カメラ、読書が趣味
ソースは「Sakuraの勉強室」からお借りしています

旬の花時計 V2

アシタカさんの作品です

最新記事

最新コメント

リンク

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QR