那須野の旅人

旅の行く手にはどんな世界が待っているのでしょうか・・・

栃木の秘境駅・・・野岩鉄道会津鬼怒川線の男鹿高原駅



         男鹿高原駅を秘境駅と呼んだのはテレビ東京の番組だった
野岩(やがん)鉄道の名称は野は栃木県の古い呼び名野州、岩は福島県の古い呼び名岩代の国
の各頭文字に由来する。
東武会津線という路線が東京の浅草から福島の会津若松まで通じているが、 この路線は東武と、
第三セクターの野岩鉄道会津鬼怒川線、会津高原尾瀬口と会津若松を結ぶ会津鉄道会津線とが
一本の線路でお互いに連絡し合っているという複雑さで、すぐには理解しにくい。


             野岩鉄道会津線と関係鉄道の路線図


野岩鉄道は上図の赤で示された9駅のみを指し、鬼怒川温泉近くでは有名観光地も多い。
今回取り上げる秘境駅男鹿高原は始発の新藤原駅から数えて8番目の駅である。この駅は栃木県
でも代表的な過疎駅で普段は通学の高校生一人が朝夕利用するだけなので、先頃の8月29日に
テレビ東京が「秘境駅探訪」として放送した。当記事もそれを視聴して興味を持ったのが始まり。

この日、駅入口で撮影しているとバイクでやって来た2人ともテレビ東京の番組を見てのものだった
※ 無人駅の男鹿高原の電車発着の様子は後掲の動画でご覧ください

ここは野岩鉄道の上三依駅。この駅前に車を置き隣の男鹿高原へ向かって乗車した。第三セクター
のため一駅でも片道300円と少々高めだ。往復券を買って乗車した。駅長さんは女性


野岩1


到着ホームから駅舎の階段を上って外に出て撮影。 左方に小さな変電所がある以外は何もない。
周囲は全て緑一色の山間部で東へ約4キロ行かないと国道はない。そこまで出れば高校生が住む
横川集落が近い。この集落も過疎化が進み若者は少ない。その奥の男鹿川はボクの釣り場だ




ホーム奥の待合室。その先に駅舎外への階段がある



次の駅の会津高原尾瀬口は野岩鉄道の終点で尾瀬探訪ルート起点の一つ



この秘境駅に浅草の案内があるのも何か不釣り合いな感じだ



動画は最後のほうに誰も乗降しない電車の様子が撮ってありますので、お忙しい方は
途中飛ばしても後半部分はぜひご覧ください





※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ 



       今年の中秋の名月は十五夜の月よりも十六夜(いざよい)の月が満月だった
               里山の夜空に輝く十六夜の月 (望遠レンズ使用)


里山の十六夜


   地球に居ては見ることができない月の裏側。Googleフリー画像でのNASAガリレオ探査機が
   宇宙空間から撮影したクレーターだらけの画像。いつも美しい表側を見ている我々は ◎

月の裏側画像

その筋の雑誌で右上の2ヶ所に光っている場所が2つ見えるが
これは異星人の基地ではないかという説もある

  1. 2014/09/13(土) 00:14:44|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

カレンダー

08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

プロフィール

松ぼっくり

Author:松ぼっくり
旅、映画、カメラ、読書が趣味
ソースは「Sakuraの勉強室」からお借りしています

旬の花時計 V2

アシタカさんの作品です

最新記事

最新コメント

リンク

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QR