那須野の旅人

旅の行く手にはどんな世界が待っているのでしょうか・・・

ザゼン草の里 2014



今年初めからの体調不良といつまでも続いた寒さで、  毎年3月になると欠かさず訪れていた
お隣の市大田原北小金にあるザゼン草の群生地ですが、体調の良さと春風に誘われブラリと
やって来ました。4月中旬のような陽気で心地良いそよ風が湿地帯を吹き抜ける。15年くらい
前頃までは名前通りにザゼン草が群生していたらしいが近年は疎らに見られるだけになった。
湿地帯の水質劣化、隣接農地からの農薬散布などの影響だろうか



<<<
曲はハープ演奏で 「春の小川」


12枚のサムネイルは少々窮屈ですがお好きな処からどうぞ
下の小画像ににオンマウスです
                   <
<
里山の小川が傍らを流れているが湿地帯を形成しているのは左手の湧水だ
< < < < < < < < < < < <


湿地帯の環境
傍らを流れる小川や湿地帯を形成する湧水は見た目には澄んでいるが・・・
下の小画像クリックで別窓拡大です。プラウザので閉じてください

< < < < <



環境悪化の要因は?

ザゼン草\群生地の環境アニメ


この辺りは那須与一が統治していた地域です
与一伝承館

与一伝承館

平家追討で手柄をたてた那須与一の像
那須の与一の像



◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆


世界一窮屈な島
クリック

那須つれづれ日記



  1. 2014/03/27(木) 00:43:43|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

懐かしい汽笛・・・道の駅とSL列車



道の駅もてぎで遊ぶ
関東地方にもやっと春一番が吹いて、本格的春になりつつありますが、春一番が吹く前の16日は
ポカポカ陽気になっていました。 その暖かさに誘われて日頃から気にかかっていた 真岡鉄道SL
の通過を見に行きました。「道の駅もてぎ」はすぐ近くを真岡鉄道が通っているので、半分は公園に
なっている「道の駅もてぎ」で買い物がてら時を過ごしSLを動画に撮ることにしたのでした

下の小画像にマウスオンです
<
<
表紙説明
< < < < < < < < < <


SLを動画に撮ってみました。動いている列車の撮影は初めてだったので線路に
近づき過ぎ "危ないよ~〟という感じの汽笛が往路撮影時に一発ありました
右下全画面マークで拡大しても映像の劣化は僅かです





◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ 


世界一窮屈な島
クリック

那須つれづれ日記


  1. 2014/03/18(火) 23:48:12|
  2. 小さな旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

やっと春の目覚め



関東北部は3月になっても冷え込みが続いていますが、やはり春の陽射しは確実に
季節を導いていました。自宅の畑南端にはやっと蕗のとうが芽を出し、福寿草も咲き
揃いました。しかし、歌の文句ではありませんが「春は名のみの風の寒さや・・・」です

福寿草は小群落が何ヵ所かありますが気付かないうちに終焉を迎えた処もありました


福寿草



見つかった蕗のとうは少ないが春が進めばもっと芽吹きも増えるでしょう
4月になってから南会津を訪れると雪解け直後の渓流沿いには
無数の蕗のとうが芽吹いていたのを鮮明に思い出しますす。
画像マウスオンで2枚です


<
  1. 2014/03/14(金) 19:55:31|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

アンティーク ステンドグラスの世界



少し寒さが和らいだこの日、久しぶりに那須山麓に佇むステンドグラス美術館を訪れた。
イギリスのコッツウォルズ地方の建築を模した美術館が残雪の中にいつものように迎えてくれた。

館内にはセント・ラファエル、セント・ガブリエル・セント・ウリエルの各礼拝堂があり、 それぞれに
美しいアンティークステンドグラスがあり、外部のセント・ミシェル教会のステンドグラスと共に立派
なものです。礼拝堂は結婚式にも使われ、パイプオルガンの荘重な演奏の中で行われます。


この建物の外壁はコッツウォルズ風ライムストーン造りです
スライドショーの後に動画でお見せします




<<<
曲は 「 祈り 」


設置されているイギリスのアンティークステンドグラスの中で一番好きなものです
(セント・ラファエル礼拝堂正面のステンドグラス)

一番好きなステンドグラス
美術館内部のアンティークステンドグラスのほんの一部です
下のサムネイルにマウスオンしてください

<
<
殆どのステンドグラスはキリストとその弟子たちの物語だそうです
< < < < < < <


福音書を著した4人の聖人のイメージだそうです。
画像は4枚あります

福音書の4人イメージ


美術館内のショップにはステンドグラスの小物やモザイクスタンド、
他小品が多数販売されているが何れも高価なものばかり

館内ショップ


モザイク製のライトスタンド設置の一例

モザイクスタンドライト設置の一例


モザイク製ライトスタンドは沢山あり高価だが販売もされている
下の画像クリックで別窓に別図拡大写真が表示されます


<


ライティングでスポットのムードが高まっています
下の画像クリックで3枚です

<<



内部の撮影は3月いっぱい静止画のみ許されていますが、動画に関しては通年禁止なので
イギリスのコッツウォルズ建築のライムストーン外壁に包まれた美術館外部と本格的英国式
結婚式が挙げられるセント・ミッシェル教会内部のステンドグラスも撮影しました





  1. 2014/03/02(日) 23:12:11|
  2. 展示館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

カレンダー

02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

松ぼっくり

Author:松ぼっくり
旅、映画、カメラ、読書が趣味
ソースは「Sakuraの勉強室」からお借りしています

旬の花時計 V2

アシタカさんの作品です

最新記事

最新コメント

リンク

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QR