那須野の旅人

旅の行く手にはどんな世界が待っているのでしょうか・・・

こけし絵付け体験など・・・蔵王の旅 4


遠刈田温泉(とおがったおんせん) みやぎ蔵王こけし館にて

みやぎ蔵王こけし館

<<<

連泊していたペンションのすぐ近くに「みやぎ蔵王こけし館」がありました。
ご存知のようにこけしは東北地方だけが発祥地です。 古来から数多くの名人級の工人を
輩出してきました。その地方ごとに発達した独特の系統があります。北の方から見てみると

津軽系、南部系、木地山系、鳴子系、肘折系、山形系、蔵王高湯系、土湯系、遠刈田系、
弥次郎系の11系統です。 宿泊のペンションは遠刈田温泉ですのでこの地方を中心にして
発達したのが遠刈田系で写真でもお分かりになりますが、 顕著な特徴は頭でっかちです。
宮城県でもよく知られているのが鳴子系で、この系統のみ首が回り音がします


東北こけしの各系統・・・パンフレットからの撮影で画像は良くありませんが
この図はネットにもなく現地を訪れないと得られません

東北こけしの系統図


各系統勢揃い

各系統勢揃い


遠刈田温泉を中心に発展してきた遠刈田系こけしは木地体作成にはタテ挽きろくろを用い
他の系統と一見して異なる頭でっかちです。ペンション近くには数ヶ所の工房があり、主に
佐藤姓が多いのに気付きます。 家系、子弟関係の繫がりです。 現在遠刈田系の会長は
数々の名作を世に送り、伝統こけしの継続にも貢献した実績のある佐藤哲郎工人です


佐藤哲郎工人

遠刈田系佐藤一族の作品例
下の画像にマウスオン・アウトで連結2枚×2(計4枚)です




お恥ずかしいので最後にしましたがボクのこけし絵付け体験で仕上げたこけしを載せてみました。
下の写真のような工房でこけし館の係のアドバイスに従い、無地の木地と筆3本、特殊塗料3種類
(赤、黒、緑)を渡され見本の遠刈田系こけしを参考に見ながら絵付けしました。全く何もない白地に
絵付けするのですから難しいです。失敗しても消せないので一発勝負。繊細な細い線を出すのは
至難の業で何とか仕上げましたが?です。 プロの作品を一緒に載せますので見比べてください。
40分掛けて仕上げたものですがこの程度ならプロの工人は5,6分程度で仕上げるそうです

絵付け体験したこけし館内の工房

絵付け体験用工房


女流工人達曽部 早苗さんのこけしと蔵王御釜の観光こけし

遠刈田系こけしと蔵王観光こけし

ボクの絵付けしたこけし・・・初体験なのでお許しあれ。顔は遠刈田系に非ず
鼻は意識してオリジナル、目は大きくしたが共に失敗、伝統こけしにはならなかった


ボクの絵付けこけし
           絵付け料金 持ち帰りで900円


  1. 2013/07/19(金) 00:49:15|
  2. 展示館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

カレンダー

06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

松ぼっくり

Author:松ぼっくり
旅、映画、カメラ、読書が趣味
ソースは「Sakuraの勉強室」からお借りしています

旬の花時計 V2

アシタカさんの作品です

最新記事

最新コメント

リンク

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QR