那須野の旅人

旅の行く手にはどんな世界が待っているのでしょうか・・・

高原に咲く清楚な花・・・五葉つつじ



五葉つつじは御用つつじ
マウントジーンズスキーリゾートはスキーをやられる方には お馴染みのスポットですが
初夏になると約3万株の五葉つつじが、秋には紅葉が山頂駅周辺を彩ります。

今年は若干花数が少ないとはいえ、 ゴンドラ終点駅上部の茶臼展望台付近や散策路
途中の新展望台周辺は純白で清楚な姿に彩られて充分に目を楽しませてくれました。
五葉つつじは愛子さまのお印で 五葉と御用のごろ合わせなどから人気も高いようです


五葉つつじの葉の形状
五葉つつじの学名はシロヤシオで、枝先に5枚の葉が輪生状に
付くことから別名として五葉つつじと呼ばれている訳です

五葉つつじの葉

愛子さまと五葉つつじ


一体梅雨はどこへやら、雲ひとつない晴天に恵まれゴンドラからの展望も最高

画像クリックでBGMスタートです。 曲は「懐かしの白い花」
<<<


五葉つつじと那須の名峰茶臼岳と朝日岳
画像上マウスオン・アウトで2枚です




五葉つつじ散策コース他の案内




散策路の五葉つつじとその風景 (下のサムネイルにマウスオンです)
<
<
表紙説明
< < < < < < <


五葉つつじの後、帰路途中にある「アルパカ牧場」に立ち寄る予定があったので
マウントジーンズは少し早めに切り上げました。アルパカの記事は次回です


◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

挿入記事

Kindle fire HDで見つけた折口信夫(おりくち しのぶ)の「死者の書」

タブレットが多く出回っている昨今、Kindle Fire HD もさして珍しくもないが、Windows8 などと同じ
アンドロイドタブレットで、鼻から敬遠している向きにはどうでも良い事だと思うが、Kindleを使って
みて感心したのは画像などの美しさと楽曲の音質の良さである。 この7インチの小さなボディとは
到底思えない。また、書籍も豊富でなんと無料の電子本が1000冊近くもあるのだから驚きです。

その中に折口信夫の「死者の書」を見出した時には感激でした。民俗学者であり国文学者、また
釈迢空のペンネームで歌人・作家でもあります。 学生時代卒業論文を提出した教授の師であり
特殊な学問内容は一般的ではなく、 多分ご存じない方が多いのではないでしょうか。しかしその
卓越した民俗学的解釈で多くの疑問点に解明の示唆を与えています。

「死者の書」  天武天皇の子である大津皇子は、 天武の死後、叔母であり、 天武の后でもある
持統天皇に疎まれ、謀反を理由に死を賜り、二上山に葬られてしまう。 それから約百年の時が
経った。  墳墓の中で無念の思いで目覚めた王子の霊は、 周囲を見回し 回想を始める。既に
朽ち果てて衣のないことを嘆きつつ起き上がろうとする。 そして 奸計に散った我が身の哀れを
顧み・・・何故か藤原南家の姫の閨へと  学生時代に読んだ時は難解で手を拱くだけだったが
読み直そうと思い無料ダウンロードしました。 鈍った頭で追いつけるかどうか自信はない


Kindle



無料本と「死者の書」



  1. 2013/06/05(水) 01:56:02|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

カレンダー

05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

松ぼっくり

Author:松ぼっくり
旅、映画、カメラ、読書が趣味
ソースは「Sakuraの勉強室」からお借りしています

旬の花時計 V2

アシタカさんの作品です

最新記事

最新コメント

リンク

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QR