那須野の旅人

旅の行く手にはどんな世界が待っているのでしょうか・・・

蔵王御釜を歩く・・・蔵王の旅 1



エコーラインから蔵王御釜へ
一体梅雨は何処へやら、宮城をはじめ東北地方は好天が続き一週間の予報も今のところ
雨の気配はない。24日朝1時間程食時を早くとってペンションから蔵王エコーラインを一路
御釜へ向かった。道を間違ったのかと思うほど早朝のエコーラインは車の通りが少ない。

蔵王山頂上の大駐車場に着くとそれでも6割近く一般車が停まっていて、観光バスもかなり
多い。山形側から早くもやってきたのだろうか、車のナンバーは各県にまたがる。
御釜にはガスがかかっていなければ良いがと懸念して歩を進めると、 朝日の中に見事に
蒼い色を湛えた御釜が現れた。続々と人々がやって来る。しばらくそこで撮影後、御釜を見る
最短距離のスポットに移動して行くと、急に御釜上空にガスがかかってきたが少し経つと又、
ガスが晴れるというのを繰り返していた。その一コマを写真に撮りお釜の変化の動画は次回
に回し御釜周辺のハイキングコースで見かけた小さな野花の幾つかを載せてみました


ペンション陽だまり


平日朝のエコーラインはまだ車は少ない
蔵王エコーライン


朝9時頃の御釜の様子
すぐ近くで撮っているように見えるのは望遠レンズ使用のためです


御釜1アニメ


御釜を最短距離で見下ろせる場所へ移動して撮った3枚。11時近くで御釜に変化が現れる
これも望遠撮影で実際の御釜ははるか下方


御釜2

ここからは残雪も見ることができた。ガスが次第にかかってくる様子
御釜3

御釜4


御釜上の散策路にて
散策路


この後、御釜上の散策路を熊野岳方面にとり途中で引き返すまでに見た野花のいくつかです
最盛期のイワカガミ、ハクサンチドリやミヤマタンポポ他
下の小画像にマウスを乗せてください
<
<
表紙説明
< < < < < < < < < <


この記事はペンション陽だまりの Wifi ネットワークを使用して作成しました。
写真は天候に恵まれた蔵王御釜の撮り立てです。一部続きとその他の写真は帰宅してから


  1. 2013/06/26(水) 01:47:14|
  2. 旅行・イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

身近な記事



Kindle Fire HDでフェルメールの全画集が¥99円
HPのメールにKindleの親会社Amazomからメールが入りフェルメールの38幅の絵画が
収録された画集が僅か99円と言う案内なので、サンプルを確認すると16世紀の女性の
日常の姿を描いた美しいカラーの画集だったので早速購入した。風景画も含まれている


画集表題
                         真珠の耳飾りの少女 (青いターバンの少女)

最近Kindle Fire HD に手帳風のレザーカバーを取り付けたので持ち易くなった
フェルメールについて


それぞれの絵画には詳しい解説が施されている。何幅か抜粋しました
光線の具合で実際と少々色合いが異なります。下図は冒頭の一部の拡大

紳士とワインを飲む女

画集1

小 路
画集2

ギターを弾く女  (撮影時のタブレット液晶画面の反射があります)
画集3

ワイングラスを持つ女
画集4


我が家のだだっ広い庭では

佐渡旅行で購入した佐渡ゆりと昨年の持越しユリ

これが佐渡ゆり2株。ようやく蕾を付けた

佐渡ゆり

黒羽ユリ園で購入した昨年の持越しユリも蕾を付けた
昨年からの持越しユリ

ボクの花壇ではダリアの大輪3株が育ちつつあるが、畑に面した日当たりの良い場所では
中輪ダリア8株(球根は7個埋めたつもりが何故か1株多い)がこんなに大きくなった
ダリア中輪生育途上


整理が行き届かない庭のあちこちには家内が買ってきた花やボクの百合ギロンデなど
名前の分かるもの分からないものが雑多に咲いています (この記事全てコンデジ使用)
画像切り替え速度は4秒間隔です


我が家の庭の花たち

小雨の中、紫陽花がやっと開花しました

雨の中で紫陽花開く


@ @ @ @ @ @ @ @  @ @ @ @ @ @ @ @ @ @ @ @ @ @ @


6月23日より一週間宮城蔵王に滞在します。宿泊先のペンションはWifi 対応なので
PCを持参して行き、旅先で1記事を更新の予定です



  1. 2013/06/21(金) 00:18:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

人気のヒマラヤの青いケシ・・・日光上三依水生植物園



寒暖の差が大きい場所を好む花
普段はガラガラの駐車場がこの日は満車で他へ回された。 前日、NHKでここが紹介された
ので見学の人たちが押し寄せたようだ。 ボクとしては大騒ぎをして遥々やって来るほどの花
には思えないのだが、栃木県でも此処と真岡にしかなく、また、日本の風土ではどこでも育つ
花ではないので珍しいのだと思われる。

今年は水生植物園でもことのほか開花状態が良く3ヵ所に分けられて咲いていた。それぞれ
ヒマラヤの青いケシの仲間の白いケシが1株ずつ咲いていた。季節毎の寒暖の差が激しい
場所を好み六甲や長野等有名な場所があるが太平洋沿いの温暖な地などには見られない

上三依水生植物園


折角来たので何枚か撮りましたが、最初に咲いている場所の感じを動画で示します

挿入のBGMは園内にも咲いていた「勿忘草」



人気の青いケシですから10 数枚写真に撮りました。終わり近くにヒマラヤの白いケシもあります
下の画像クリックしてください
<<>
<入口を入って正面の一部。他に2ヶ所ある>


ヒマラヤの青いケシ以外の花々
植物園には青いケシ以外の6月の花が沢山咲いていたのでデジブックにしました。
一眼カメラならではのバックのボケ味をフルウィンドウでご覧ください






  1. 2013/06/16(日) 20:32:43|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

那須アルパカ牧場



原生林に囲まれた自然環境

アルパカ牧場手前にて


チケット売り場兼牧場入口は平凡な建物だが中へ入ると長いウッドチップの敷かれたアルパ
カエリアへの順路が続き、その左側にはアルパカに関する説明看板が8基立てられている。
更に進み小沢の冷涼な流れの橋を渡ると少し先で最初のお出迎えが何故かダチョウだった

午前中はこうした空模様でしたがマウントジーンズを降りての帰りは少し雲が出ていました



入口は粗末な小屋風。逆に好感が持てた

牧場入口


その先はウッドチップの敷かれた道がアルパカエリアまでの案内路で、左手にアルパカに
ついての説明板が8基立てられ読み進んで行けばアルパカの大体の姿が理解できる

ウッドチップの順路


手っ取り早いので案内板の説明そのものを載せました。アルパカを少しでも知りたい方はご覧下さい
画像クリックで8枚です

説明文1

アルパカファームに近づくと何故かダチョウさんのお出迎えでした



アルパカファームにて
この牧場には約400頭のアルパカが飼育されているそうです。 毎年6月に入ると毛刈りをしますので
訪れた日は毛刈り前・後が混じっていました。毛刈りはアルパカの健康管理の為と 刈り取られた毛は
高級な毛布や絨毯、衣服、バック他などに利用されます。スリムになったアルパカなどは、写真などで
見られるようなふっくら感はなく、後の動画でも分かるように地面に直接寝転んだりするので 期待ほど
の美しさは見られませんでしたが、人懐こくファームの飼育員との息もピッタリ合っていました


下のサムネイルにマウスオンです
<
<
表紙説明
< < < < < < < < < <


最近産まれたばかりの子供2頭です。名前も聞いたのですが忘れました。性別不詳
下の画像マウスオン・オフで2枚です




ファームでのアルパカの様子は動画で見るのが一番



◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

挿入記事

白い花の咲く頃、そして鬼怒川の大ヤマメ

ヤマボウシと大型ヤマメ


  1. 2013/06/10(月) 13:48:39|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

高原に咲く清楚な花・・・五葉つつじ



五葉つつじは御用つつじ
マウントジーンズスキーリゾートはスキーをやられる方には お馴染みのスポットですが
初夏になると約3万株の五葉つつじが、秋には紅葉が山頂駅周辺を彩ります。

今年は若干花数が少ないとはいえ、 ゴンドラ終点駅上部の茶臼展望台付近や散策路
途中の新展望台周辺は純白で清楚な姿に彩られて充分に目を楽しませてくれました。
五葉つつじは愛子さまのお印で 五葉と御用のごろ合わせなどから人気も高いようです


五葉つつじの葉の形状
五葉つつじの学名はシロヤシオで、枝先に5枚の葉が輪生状に
付くことから別名として五葉つつじと呼ばれている訳です

五葉つつじの葉

愛子さまと五葉つつじ


一体梅雨はどこへやら、雲ひとつない晴天に恵まれゴンドラからの展望も最高

画像クリックでBGMスタートです。 曲は「懐かしの白い花」
<<<


五葉つつじと那須の名峰茶臼岳と朝日岳
画像上マウスオン・アウトで2枚です




五葉つつじ散策コース他の案内




散策路の五葉つつじとその風景 (下のサムネイルにマウスオンです)
<
<
表紙説明
< < < < < < <


五葉つつじの後、帰路途中にある「アルパカ牧場」に立ち寄る予定があったので
マウントジーンズは少し早めに切り上げました。アルパカの記事は次回です


◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

挿入記事

Kindle fire HDで見つけた折口信夫(おりくち しのぶ)の「死者の書」

タブレットが多く出回っている昨今、Kindle Fire HD もさして珍しくもないが、Windows8 などと同じ
アンドロイドタブレットで、鼻から敬遠している向きにはどうでも良い事だと思うが、Kindleを使って
みて感心したのは画像などの美しさと楽曲の音質の良さである。 この7インチの小さなボディとは
到底思えない。また、書籍も豊富でなんと無料の電子本が1000冊近くもあるのだから驚きです。

その中に折口信夫の「死者の書」を見出した時には感激でした。民俗学者であり国文学者、また
釈迢空のペンネームで歌人・作家でもあります。 学生時代卒業論文を提出した教授の師であり
特殊な学問内容は一般的ではなく、 多分ご存じない方が多いのではないでしょうか。しかしその
卓越した民俗学的解釈で多くの疑問点に解明の示唆を与えています。

「死者の書」  天武天皇の子である大津皇子は、 天武の死後、叔母であり、 天武の后でもある
持統天皇に疎まれ、謀反を理由に死を賜り、二上山に葬られてしまう。 それから約百年の時が
経った。  墳墓の中で無念の思いで目覚めた王子の霊は、 周囲を見回し 回想を始める。既に
朽ち果てて衣のないことを嘆きつつ起き上がろうとする。 そして 奸計に散った我が身の哀れを
顧み・・・何故か藤原南家の姫の閨へと  学生時代に読んだ時は難解で手を拱くだけだったが
読み直そうと思い無料ダウンロードしました。 鈍った頭で追いつけるかどうか自信はない


Kindle



無料本と「死者の書」



  1. 2013/06/05(水) 01:56:02|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

カレンダー

05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

松ぼっくり

Author:松ぼっくり
旅、映画、カメラ、読書が趣味
ソースは「Sakuraの勉強室」からお借りしています

旬の花時計 V2

アシタカさんの作品です

最新記事

最新コメント

リンク

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QR