那須野の旅人

旅の行く手にはどんな世界が待っているのでしょうか・・・

チューリップが咲き競う・・・白河 H.W



好天に恵まれたGWのある日、チューリップが見頃というのでいつもの白河フラワーワールドを訪ねた。
園内はGWとあって子供連れの家族で大賑わい。200種約10万株のチューリップが多彩な広がりを見せ
それに混じってムスカリ、アネモネ、芝ざくら、ネモフィラなどが花を添え、本当に華やいだ光景であった。
今年はルピナスが咲き遅れていたが ハウス内にはジャーマンアイリス300種もあり、撮影しきれなかった


<<<
         たゆまぬ微笑


園内の風景です
下の画像クリックで10 枚あります

<<>
<画像1の説明>

今回はチューリップの幾つかの品種を載せてみました
説明は品種名です。下の画像にマウスオンです
<
<
表紙説明
< < < < < < < < < <


白河HWで購入してきたチューリップです。
珍しい紫の品種は『夢のむらさき』、赤はサービスで貰ったもの。品種不明


購入1


画像マウスオン ・ アウトで2枚です


◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

挿入記事

我が家の庭にも春の花がたくさん咲きましたがその幾つかです
ツツジの3種は盛期ですがチューリップは開き過ぎです


庭アニメ



  1. 2013/04/30(火) 19:57:48|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:3

烏ヶ森公園と酪農試験場の桜



烏ヶ森(からすがもり)公園と酪農試験場の桜を一気に載せました
烏ヶ森公園は自宅から徒歩で15分、車で5分足らずで行ける昔からの地元の桜とツツジの名所です。
酪農試験場は度々記事にしている那須野が原公園に隣接した県の施設で、 マウンテンバイクで15分
の距離にあります。ともに桜の時期は過ぎましたが、遅ればせながら盛期に撮った写真を載せました

右下のカワセミの次へボタンのクリックで20枚です
長いのでクリックを連続的に速くすればすぐ終わります

<
<<>>
< <<


桜を楽しむ人々そして他の花たち
下側の小画像にマウスオンです
<
<
表紙説明
< < < < < < < < < <



酪農試験場の桜
スライドショーばかりでは変化に乏しいのでデジブックを作りました
何の工夫もないまま、ただ画像を並べただけです





◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆


挿入記事
ようやくWindows8を使いこなせるようになりました
Windows8ではスタート画面が下図のようなアプリ画面です。スタートボタンはどこにもありませんが
左下クリックでディスクトップ画面を出せますのでそこから従来のような操作もできます。慣れれば
直接アプリ画面の項目をクリック( またはタップ )して必要なファイルを表示させます

Windows8


  1. 2013/04/24(水) 19:31:06|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

佐渡の旅その2



尖閣湾からトキの森公園へ
昨夜の夕食はさすがに海の幸が一杯。 少々食べ過ぎであったが、 朝食も品数が多かった
そんなグランドホテルを後に二日目の佐渡の旅は日本海沿いを一路尖閣湾へと向かった。
遥か沖の向こうは北朝鮮だが海はあくまで青々として美しい。好天に恵まれ、早朝に着いた
尖閣湾では風の冷たたさも感じず、尖った岩の連続する海岸線の景観を思う存分楽しめた


日の出前のホテル窓からの風景は加茂湖です
下の画像クリックで潮風をイメージしたBGMが流れます (再クリックで停止)
サイトの混雑で作動が遅い場合はワンクリックのままで次へお進みください


<<


尖閣湾の位置
尖閣湾の位置


尖閣湾を色々な角度から撮りました。説明文はありません
下側の小画像にマウスオンです
<
<
表紙説明
< < < < < < < < < <


尖閣湾水族館とイカの泳ぎ。 オンマウス2枚

尖閣湾名称の由来
昭和17年文部省の天然記念物調査員の理学博士脇水鉄五郎氏が当地を踏査した際、海岸線断崖の
類稀な尖状岩石の連続に感銘を受け、 ノルウェーのハルダンゲル峡湾に勝るととも劣らない海岸美と
絶賛し、尖閣列島という名はすでに存在したがあえて『尖閣湾』と命名したとの事である



尖閣湾から土産物店を除き最後の予定地トキの森公園へ向かいました。 トキの森公園は当日新しく
オープンとの事で賑やかでした。 午後には石原環境相も訪問予定で関係者は張り切っていました。
期待のトキ見学ですが生のトキを見られはしましたが距離のある金網越しのため、 真近での観察は
できませんでした。 時折観客の多さに興奮したトキが金網で仕切られた空間を飛び回っていましたが
静止画も鮮明に撮れない金網の向こうなので、動画など全然ダメでした。なんとか静止画2枚のみが
見るに耐え得る程度でしたが全くお恥ずかしい画像になりました。トキは天然記念物でもあり、保護は
大変な苦労を伴い、ようやく繁殖が軌道に乗り、野生のトキの飛翔が30数羽も見られるそうです


<>
<下の小画像にマウスオンでしてください>
<<<<<<>


楽しかった佐渡の旅ともお別れです

佐渡にお別れ


◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

挿入記事
今週は私事で何かと忙しく、そうこうしているうちに記事更新も遅れてしまいました。
我が家のまとまりのない庭にも花が次々に開花していましたので、特に珍しい花も
(ニセアカシア?を除いては)ありませんが幾つか載せてみました。
チュ-リップ、 ヒマラヤユキノシタ、 フランスギク(マーガレットかも)、 シロツバキ、
シモクレン、ニセアカシア、ハナニラ、ヒイラギ、レンギョウ等(名前不詳もあり)

下の画像クリックで10枚です


<<



  1. 2013/04/20(土) 02:11:28|
  2. 旅行・イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

カタクリ山公園



隠れた名所も知名度が上がってきた
昨年は栃木県でも知名度ダントツのカタクリの群生地三毳山で撮影したカタクリでしたが、那須からは
高速道利用でも約1時間と遠いので、今年は同じ那須の南部に位置する那珂川町の「カタクリ山公園」
へ出かけてみました。 ここはちょっとした穴場で規模とカタクリの分布は三毳山より上で、人も少なくて
自由気ままにカタクリの撮影や散策などができたのですが、今年は平日でも観光バスが来ていました。
カタクリの群生は反対斜面の北西側にもあって、 季節は過ぎた座禅草や今が盛期の水芭蕉、林内の
ショウジョウバカマの群生もあります。この時季は駐車場も資源保護の資金のため有料になります





<<<
    BGMは軟らかい曲で 「懐かしの花園」

カタクリを色々の角度から撮りました。説明文は全部にはありません
下側の小画像にマウスオンです

<
<
表紙説明
< < < < < < < < < < < <



カタクリの他には前記キクザキイチゲや水芭蕉、ショウジョウバカマなどが咲いていました
画像クリックで5枚表示されます

光と影の湿地帯に水芭蕉が群生


◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆


挿入記事
ボクの狭い花壇(畳三畳強。 佐渡ゆり5株と大型ダリア3株を植えた) と家内の広い畑(新整地)
家内の畑はボクの名義だが兄の植木畑2500坪に隣接した約200坪で家内の独壇場。手前一角の
立て札を挿した一帯にダリア7本分の球根を植えた。左奥は大きな農作業小屋


狭いがボクには向いている花壇
花壇

家内専用の畑と農作業小屋
畑と植えたダリア

ギョウジャニンニク 50 株
カタクリ山の帰りに烏山大野ダリア園は近いので予約しておいたダリアの球根を取に行き、その際に
ギョウジャニンニクの3年物15鉢入り(約 75 株)を買ってきた。 編みケースの下には既にギョウジャ
ニンニクの根が出っ張っているので、 置き場所の下に化成肥料などを敷き 来春まで半日陰で育て
てから順次摘んでは食べるというもの。摘んだ後から芽が出る。暑すぎる時は纏めて移動もできる


ギョウジャニンニク



  1. 2013/04/13(土) 00:02:00|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

佐渡汽船開業100周年…佐渡春まつりへ



今回のツアーはクラブツーリズムという埼玉の旅行会社の企画でした。この会社は特に各地の
観光地と提携しお互いに協力し合って、 顧客の獲得に努力することで相互の利益を得るのが
目的のようです。佐渡でもクラブツーリズムの企画で春まつりが開かれ佐渡汽船開業100周年
とあいまって 多くの観光客も訪れていて、  オフシーズンを上手に乗り切っているようでした。
行く先々で歓迎されお土産も多く、食とお能と温泉の宝島と銘打ったツアー通りでした


大型フェリーで佐渡へ

出発から佐渡到着後の初日を順を追って載せてみました。動画も幾つか載せましたので
長くなりましたが面白そうなものを選んでご覧ください。下の小画像にマウスオンです

<
<
表紙説明
< < < < < < < < < < < <


大型フェリー佐渡航路の行き帰り
この動画は長いですが最後の方の帰りの部分は佐渡山脈が綺麗です



佐渡歴史伝説館では自動人形劇での案内をしている(その一例)
おけさ伝説、夕鶴伝説、安寿伝説


日蓮上人と能の世阿弥
日蓮は鎌倉時代に世阿弥は室町時代にともに佐渡へ流罪になっています


最初の日の夜は春まつり会場で薪能や佐渡おけさなどの民俗芸能の観賞でした。 しかし、
薪能 「猩々」は動画、静止画ともに撮影が禁止でした。楽しみにしていただけにガッカリして
佐渡おけさの撮影は横から撮れば良いアングルだったのに客席から人の頭越しとなりました


春まつり会場

飛び入り餅つき大会 (参加者には賞品)
餅つき大会

佐渡おけさ ((佐渡民俗芸能保存会)


その日の宿泊は佐渡グランドホテル(夕食は豪華だった)


次の記事は佐渡でも代表的な景勝地尖閣湾やトキ(朱鷺)の森公園を予定していましたが
その前に季節外れにもなるのでカタクリ山公園を先に入れようと思います



  1. 2013/04/07(日) 18:53:32|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

枝垂桜と春の庭園・・・矢板妙道寺



急に咲いた枝垂桜は昨年より10日早い
先日の暖かさで妙道寺の枝垂桜はあっという間に開花、 住職の奥様からの連絡がなかったら
うっかり見逃すところでした。訪れたのは4月1日午後でしたがライトアップもついでに撮らせて
貰おうと、昼間はいつものように色々の角度から撮影してから日が暮れるのを待ちました


<<<BGM文字


2013年妙道寺の枝垂桜

2013妙道寺の枝垂桜

一本枝垂桜を色々な角度から撮り、併せてライトアップの写真も載せました
下方の小画像にマウスを乗せてください

<
<
表紙説明
< < < < < < < < < <



毎年の事ながらこの時季に咲いている庭園の花を一部載せました
画像クリックで5枚です

<<>
<ヒマヤラユキノシタ>



  1. 2013/04/03(水) 03:03:46|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

カレンダー

03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

プロフィール

松ぼっくり

Author:松ぼっくり
旅、映画、カメラ、読書が趣味
ソースは「Sakuraの勉強室」からお借りしています

旬の花時計 V2

アシタカさんの作品です

最新記事

最新コメント

リンク

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QR