那須野の旅人

旅の行く手にはどんな世界が待っているのでしょうか・・・

大相撲初場所観戦



2013年大相撲の初場所12日目に行って来ました。両国国技館での升席でした。ご存知でしょうが
個人で予約もできますが、高価で遠くからは出かけるのも一苦労なので3年前も利用したタビックスの
ツアーにしました。3年前は同じ升席でも正面で、朝青龍最後の場所でしたが写真も撮り易くバッチリ
決まりました。今回は向こう正面のほぼ前回と同じ位置でしたが、土俵は真近でも正面ではないので
常に行司の後姿が土俵上の力士の撮影には終始壁になってしまい閉口しました


両国国技館正面



この日まで無敗の日馬富士が優勝戦線のトップだった。千秋楽白鵬に勝って全勝優勝した。
下の小画像にマウスオンです
左 舛ノ山、右 臥ヶ丸


国技館内回廊の展示物一部。昨年春場所優勝の白鵬の賜杯と天皇杯
画像マウスオン・アウトで2枚です





升席に入るとお弁当と焼き鳥、缶ビール、お土産として力士名入り夫婦湯呑茶碗がセットになる
「幕の内弁当」の名の起こりはこの大相撲弁当だといわれる


幕の内弁当とお土産の湯呑


白鵬が敗れ日馬富士が勝った動画2本です。共に速い結着でした







高見盛が十両で頑張っていましたが今場所限りで引退とは知らず動画も撮り洩らしました。
みんなに愛されたパフォーマンスが見られないのは残念です。後進の指導に尽力してください



  1. 2013/01/27(日) 23:06:56|
  2. スポーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

世界有名建築物ライトアップ・・・大特急の世界旅行



世界の代表的な建物のライトアップが見られる企画があるというので見てきました。
何と言ってもドイツの美しいノイシュバンシュタイン城を見るのが楽しみでした

<<<
                                                        BGMは画像クリックで停止します



40代後半家内と行ったヨーロッパツアーの際にも見た建築物のライトアップを載せてみました。
昼間見たのとは全く雰囲気が違うので同じものとはいえ結構楽しめました
バチカン、イタリア、フランスの中から今回撮影できたもので、多くは下のデジブックにあります
下の小画像にマウスオンです

サン・ピエトロ大聖堂  (バチカン市国 ) 2枚



この企画は東武鬼怒川ワールドスクウェア―で開催されています。
世界の代表的な建築物を25分の1の縮尺で精巧に造り上げているので
バックに他の建築物が入らなければ写真では本物と区別がつきません。
5年の歳月と数10億円もかけて専門スタッフが各国に派遣され、寸法は
もちろん建築物の材料までも本物と同じ材質を使用しています。
さすが東京スカイツリーを建てた東武グループの資金力と技術です






その他7園内のイルミネーションなどを断片的に載せました。
下の画像クリックで3枚です
<<



  1. 2013/01/23(水) 02:10:30|
  2. 旅行・イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

おもしろ魚館・・・冬のなかがわ水遊園



熱帯温室もそうですが、冬場訪れるには最高の湿潤環境にあるのが県営なかがわ水遊園の
「おもしろ魚館」 です。  ここのアマゾンコーナーには 世界最大級のピラルクーが泳ぐ水槽や
県内河川、湖沼等の淡水魚が網羅された多くの水槽があり、いつ来ても飽く事がありません


水遊園おもしろ魚館


おもしろ魚館内の色々なコーナーの幾つか
特設会場ライトアクアリオ
画像マウスオン・アウトで3枚です




アマゾン水槽の巨大魚ピラルクー (詳しくは動画をご覧ください)
画像マウスオン・アウトで2枚です




その他アマゾン水槽の魚一部
画像マウスオン・アウトで2枚です





アマゾンの自然環境コーナー  (アマゾン水槽上部)
下側の画像にマウスオンです

アマゾン川流域の花・植物などの一部が季節毎に見られます

熱帯の花木が季節ごとに見られる



地階イワナのコーナーを動画にしました




アマゾン水槽の魚たちのお食事タイム(午後2時30分)






  1. 2013/01/18(金) 18:27:34|
  2. 展示館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

洋ランの季節・・・愛好者の展示会



先日の熱帯温室での撮影後、 同じローズハット内で開かれていた宇都宮蘭友会の洋らん展もついでに
覗いてみました。 会場は華やかな彩りと香りに満ちて心地よい雰囲気。 撮影は自由なのでかなり時間
をかけて撮り回りましたが、 ラン愛好者の専門的な属種略号が多くC.等カトレアは簡単ですが 同じC属
でもSle.とかBlc.等があり帰宅してからの整理に苦労しました。作品はどれも見事でした


<<<


洋らん展会場


洋らん展会場の象徴的な展示作品
 シンビジュウムがんばろう日本



カトレア属の幾つかを載せました。愛好者の作品で品種名の表示は殆どありませんでした
下の画像連続クリックで 8 枚です


カトレア 1 これもカトレアの一種でGuttataの品種表示あり


パフィオペディラム 3種
下の画像上クリックで3枚切り換わります


<<



その他のランの写真3種
自動スライド画像の切り替えを6秒に設定してあります

その他のラン3種

属名 : バルボフィラム(Bulbophyllum)  スパトグロッティス(Spathoglottis)  エピデンドルム(Epidendrum)



  1. 2013/01/13(日) 00:08:42|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

カリアンドラと熱帯温室



昨年暮れに訪れた際にはまだ蕾だったカリアンドラが正月3日に行ってみると盛期を過ぎ
他の蕾が満開近くなっていましたが、数年前より花が小振りになった感じがしました。
先ず紅白のカリアンドラを撮影後、前回では撮らなかった花を求めて温室内を歩きました



曲は 「癒しの時」
<<<


白のカリアンドラ

下の小画像マウスオンで上に画像が表示されます



熱帯温室の様子と前回載せなかった花たち
下側のサムネイルにマウスオンです

<
<
これより 4 枚は温室内風景の一部。ふんだんに岩石を用い、処々に段差を設けている
< < < < < < < < < <

最後の3フレームは自動スライド2枚になっています


  1. 2013/01/09(水) 02:32:18|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

クラシックカー博物館・・・那須




わが国で唯一のクラシックカーだけの展示館です。オーナーの渡辺清市さんは主に国外在住が多く、
以前から収集していたクラシックカーの魅力を皆さんに知ってもらいたいと 那須の地に博物館を建て
ヨーロッパなどでは今なお大切に公道を走るクラシックカーの歴史的遺産を紹介しているのです


クラシック博物館外観


博物館内の数多いクラシックカーの一部です( 年代順不同 )
下側の小画像にマウスオンです
<
<
この画像はボクの撮影ではなく、HPのオリンパス魚眼レンズ使用のものです
< < < < < < < < < <



クラシックカーのフロントグリル周りのデザインは現在の車にも影響を与えている



<<>
<画像1の説明>



少し前の時代のエアロカー展示もあります
下の小画像をクリックすると別窓が開き拡大画像が出ます
窓はプラウザの×で閉じて下さい

< < < < <



トヨタ自動車の本拠地である愛知県には「トヨタ博物館」が存在します。こちらは大企業の
総合展示館でクラシックカーもかなりあるようですが所謂テーマ館でレストランや子供向け
施設、書籍など展示種類も多く那須の個人経営と違って規模も目的も違います


  1. 2013/01/06(日) 01:57:52|
  2. 展示館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

新年のご挨拶 Ⅱ



昨年中はFC2ブロの方々を初め他ブログからも多数のアクセスありがとうございました。
今年も那須を中心として行動できる範囲でなるべく斬新な記事をアップしたいと思います。
引き続きよろしくお付き合い下さい。皆様に幸多い一年が訪ずれますよう祈念致します


2013年・・・前進の年
<<<

新 春 時 事 放 談
昨年暮れに行われた衆院選挙によって 今年は正月から自民党による政治がスタートした。

正直言って民主党はツキがなかっといえる。 1千年に一度と言う 大津波に三陸沿岸一帯が
襲われたのを機に過去10年間いい加減な政治で日本をダメにした自民党の尻ぬぐいをして
滞っていた諸々の政策が一挙に崩壊した。福島第一原発事故がそれに輪をかけた。

野田さん自身は結構良くやっていたと思うのだが内外情勢の複雑さと一部閣僚等の不祥事
が重なり自民党に足を掬われた形になる。 勿論、 任命責任は 野田前首相にあるのだから
自業自得であるが、 自民党が圧勝したのは 同党のある2世代議員が最初に述べていたが
今回は自民党への全面的支持と言うよりも あまりに民主党が不甲斐ないのと、第三勢力の
バラツキもあって それならまだ自民党のほうがマシだという 半ば諦めによる支持とみられ、
自民党は所謂漁夫の利を得た結果になり、あまり恰好は良くない。

今後、安倍首相を中心に 自民党が問題山積みの日本をどの様に再生するか期待&不安だ



  1. 2013/01/03(木) 01:26:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

新年のご挨拶



昨年中はFC2ブロの方々を初め他ブログからも多数のアクセスありがとうございました。
今年も那須を中心として行動できる範囲でなるべく斬新な記事をアップしたいと思います。
引き続きよろしくお付き合い下さい。皆様に幸多い一年が訪ずれますよう祈念致します


2013年・・・前進の年
<<<



下のYouTube収録の曲がルネ・シュメーのヴァイオリンとの合奏です。
昭和7年録音の原盤はボクも所有していますがノイズが大きいです。
これは後年になって新しい技術で修正録音したものです。上の曲は
これを参考にした演奏ですが、やはりヴァイオリンが現代的な感じです






続きを読む
  1. 2013/01/01(火) 00:59:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

カレンダー

12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

松ぼっくり

Author:松ぼっくり
旅、映画、カメラ、読書が趣味
ソースは「Sakuraの勉強室」からお借りしています

旬の花時計 V2

アシタカさんの作品です

最新記事

最新コメント

リンク

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QR