那須野の旅人

旅の行く手にはどんな世界が待っているのでしょうか・・・

007 スカイフォールを観て



007 ジェームズ・ボンド シリーズ
趣味の一つである映画に関しては何度か記事にしています、。前回は「戦火の馬」でした。
若い頃から映画の好みはアクション物傾向ですが、それにはパターンがあり同じアクション
でも滅多やたらに銃器をぶっ放したり格闘シーンが多いのは好みません。銃器使用も格闘
も必然的に生じた筋立てで、 そこに至るまでの経過がスリリングな話であれば最高です。

007シリーズは1作目から全て観ていますが中にはあまりにもバカバカしいのもあり
そうした作品は記憶が薄くなっています。最も心に残っているのは第1作目からのボンド役
ショーン・コネリーの2作目「ロシアより愛をこめて」です。今回を含めシリーズ全23作品中
最高の出来栄えだと思います。 3作目「ゴールドフィンガー」と共に今だに人気があります


スカイフォール表題アニメ


先ずは予告編をご覧ください。映画などの映像は厳重にセキュリティで管理されており
ネットなどでは予告編が精いっぱいで、それもYouTubeの共有サイトからです




007シリーズが始まってから今年で50周年になる。その間23本の作品があり
複数出演や1作のみなど代ってきたボンド役の顔ぶれです。左端の初代から今回の6代目まで


歴代ボンド

歴代ボンド役の出演作品

歴代ボンド出演作品


複合大規模映画館フォーラム那須塩原 (黒磯にあり会員になっています)

フォーラム那須塩原

チケットは60歳以上がシニア扱いで1,000円と割引料金。
シアターは8箇所に分割され、字幕、日本語吹替え、各3Dで
3Dは作品により有無があります

スカイフォールチケット


その他脇役の名優二人
名優二人

007 スカイフォール  あらすじ
各国のテロ組織に潜入している工作員を記録したMI6のハードディスクが何者かに奪われ、 ボンドは
犯人を追いつめるが、組織の長官Mの命令で銃弾を受け、 橋の上から千尋の谷底へと落ちてしまう。
Mはリストが奪われた責任を追及され辞職を迫られるが、これを拒否。しかしその直後、リストを奪った
犯人によりMI6のオフィスが爆破され、さらなる犠牲者を出してしまう。このニュースを見たボンドは再び
Mの許へ舞い戻り、現場へ復帰。犯人の手がかりを求めて上海へと渡る。「アメリカン・ビューティー」の
サム・メンデスがメガホンをとり、 シリーズ初のオスカー監督が手がける「007」となった。凶悪犯役には
「ノーカントリー」のハビエル・バルデムが熱演。M役にはシリーズお馴染みのジュディ・デンチ。

時代と共に007もネット社会とのしがらみが深くなるばかり。今回も犯人たちはコンピューターを駆使し
遠隔操作で挑戦してくる。映像は各地の風景が美しく、 イスタンブール、スコットランド、 上海、マカオ
と多彩だが、なんといっても物語の決着場スコットランドの片田舎の光景は素晴らしかった


参考; 007の呼び方について
当初はボクなどは「ゼロゼロセブン」と呼んでいましたが、英語圏ではダブルオーセブンと呼ぶのが普通の
ようです。日本で封切られてからしばらくは「ゼロゼロセブン」と言っていたのは確かでショーンコネリーの
「007は二度死ぬ」で「ゼロゼロセブン」と呼ばれていたのが原因です。初めは製作国イギリスでも「ゼロゼ
ロ」と「ダブルオー」の呼び方が混在していたようですが 最近は殆んど「ダブルオーセブン」 に統一された
ようです。日本でもボクのように昔の人がゼロゼロセブンと言うと笑われます。 若い方は「ダブルオーセ
ブン」に固まっています。  イワン・フレミングの原作でも (ボクはまだ読んでいませんが)、 007の数字を
「double-o7」と表記しているようです。英語圏の慣用なのでしょうか


☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆

ボクはアクション物が好みと述べましたが、単にそれだけでなくスピルバークの「シンドラーのリスト」や
「プライベートライアン」のような感動的なドラマも観ています。もちろん彼の冒険シリーズは大歓迎です
最近とみに多くなった連続活劇的近未来物の荒唐無稽な映画にはついてゆけません



テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

  1. 2012/12/11(火) 18:18:09|
  2. 映ベント・映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

松ぼっくり

Author:松ぼっくり
旅、映画、カメラ、読書が趣味
ソースは「Sakuraの勉強室」からお借りしています

旬の花時計 V2

アシタカさんの作品です

最新記事

最新コメント

リンク

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QR