那須野の旅人

旅の行く手にはどんな世界が待っているのでしょうか・・・

鎌倉温泉にて・・・蔵王の旅最終章



みちのく公園からはすぐ近くの鎌倉温泉に着いたのは15時頃。チェックインは14時なので早めに部屋に
入り早速温泉で寛ぎました。 浴室などは改装して現代的になっていましたが、 宿泊棟などは全て木造で
昔の湯治場の雰囲気が色濃く、ペンションとは正反対。それも一興で、しかも清潔な旅館でした。


何故蔵王に鎌倉温泉が? と誰もが最初は不思議がるようです。
その名前の起こりはこうです。 1062年(平安時代後期)前9年の役で重傷を負った鎌倉権五郎景政が
夢の中で出羽三山の女神のお告げによりこの温泉を発見した。彼が湯に浸るとみるみる傷が快方して
一日で全快してしまった。その言い伝えによりこの地一帯を鎌倉沢と呼び、 傷に効く温泉として近隣の
村々の人々によって大切に保護され明治維新直後の受難期も無事乗り越え現在に至っているとの事


鎌倉温泉


翌日は昼間からの入浴で寛ぎ、小雨の止むのを見計らってから
風邪をひかない服装に着替えて温泉近くを散策してみました

スタートボタンクリックで画像11枚です。間をおいてBGMが鳴ります

<<<
曲は 「導きの糸」


散策路途中で見かけた畑。こうした作物は旅館の料理にも使われるとか
画像マウスオン・アウトで2枚です




ご主人の趣味で飼っている池の鯉に人面魚がいる。この日は水が濁って判然とはしなかった




翌日朝チェックアウト後ご主人が温泉所在地平沢地区の名所を案内してくれた
その中から2ケ所


古い歴史を刻んでいる宮城県天然記念物弥陀の杉
樹齢900年、樹高約45m、幹回り約10m

巨大弥陀の杉

ご主人が代表を務める保晶寺の由緒ある山門と前方は当人
保昌寺と温泉ご主人


曇りがちの天候の中、帰途白河ICで東北道を降り、くろばねユリ園に立ち寄った
ユリ園はたいへんな混みようで改めて皆さんの花好きに驚いた。カサブランカが人気で畑は空だった




下の小画像にマウスオンです <
<
< < < < < < <


くろばねユリ園で購入時のバルタ

購入時のバルタ


その後、最近までボクの花壇で咲いていたバルタ

我が家で咲いたバルタ



  1. 2013/07/30(火) 20:33:27|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:6

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

松ぼっくり

Author:松ぼっくり
旅、映画、カメラ、読書が趣味
ソースは「Sakuraの勉強室」からお借りしています

旬の花時計 V2

アシタカさんの作品です

最新記事

最新コメント

リンク

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QR